« 永久に | トップページ | ハンドル角度とフロントアップ »

リヤ振りとステップ

このところ、GUU子がやたらとリヤ振りの練習に熱中しているようです(でも思うように成果が上がらないようではありますが)。

リヤ振りのコツを言葉で伝えるのはナカナカ難しいのですが、リヤ振りにせよフロント振りにせよ、肝心なのはサスペンションのストロークを察知してそれを邪魔しない事、そして何よりも重心点の移動(ポジションの変化)といえます。

GUU子は、「ステップを踏込んでもうまくリアサスペンションが縮まない」としきりに言っていました。どうやらステップを鬼のように踏込み、リヤサスをトコトン縮める事が必要だと思い込んでいたようです。
たしかにステップを踏込んでリヤサスを縮める事はある程度必要です。
しかし、リヤ振りの際にサスが縮まるのは、重心位置を変化させようとして乗り手が運動することによって表面的に現れる現象です。
サスペンションというフワフワした足場をしっかり固めて、全体重を効率良く移動させるためにおきる、見た目の現象という事に気付いていないようでした。
リヤ振りでは、上体をマシン前方に伸び上がらせるために、ある程度足場(リヤサス)が固まれば充分です。
誤解されるといけないのですが、ステップの踏込みによるリヤサスの圧縮が不要だ、というわけではありません。
ただ、親のカタキのようにいくら余計にステップを踏込んでみても、マシンのリヤを浮かすチカラが、リヤサスの中にグングン蓄積されるワケでない事だけは、覚えておいて損はないと思います。
例えば昔のマシンならともかく、現代のマシンの場合、極端なやりかたでまた実戦的な方法でもありませんが、もしただ単純に物理的にリアを浮かすだけといういうのなら、ステップをほとんど踏込まずにリヤを浮かす事も可能です。
ところで少し考えて欲しいのですが、マシン上でステップを力一杯踏込んで得られるエネルギーは一体どの程度でしょうか。
大雑把ですが、簡単に調べる方法があります。
マシンのステップに較べてスタンスはやや狭くなりますが、先ず体重計の上に乗り、その時点の目盛りである自分の体重を基準点とし、次にマシンのステップを足で踏込む要領で、顔が真っ赤になるくらい体重計を目一杯、力一杯踏込みんでみます。
この時、ジャンプして空中から勢いをつけて踏込んだりしない事。
実際にリヤ振りをする際、ステップから足が離れるほどにジャンプして、高さという位置エネルギーを稼いでからステップを踏込んでリヤサスを沈み込ませるようなマネは普通しませんが、それと同じ事です。
ここでステップの踏み込み動作による、基準点からの目盛りの増加はどの程度あるでしょうか?。
ちなみに私の場合、平均して約10キロ前後の増加、GUU子の場合だと約5キロ前後の増加量でした。
つまり、ライダーの踏み込み動作によってスプリングを圧縮し、リアサスペンションに一時的に蓄えられるエネルギーはせいぜい5キロから10キロ程度という事になります。
たかだかこの程度です。車重にも体重にも遠く及びません。
そしてこの力は、乗り手の筋力よりも、体重の方が大きく関わってきます。
マシン上のライダーが、マシンに対して何かしようとする時の運動の支点はどこにあるかといいますと、結局はライダーの体重の中心(重心)だけが頼りです。これはどんな人であれ、筋力の強弱とは全く無関係です。
例えば筋力だけで言えば、GUU子の場合60~70キロのバーベルを背負ったスクワット運動を行う事ができます。
私の場合、通常の沈み込み量なら100キロ程度、ごく浅めだと180キロ程度を持ち上げる事ができますが、その筋力でも、急激な踏み込み動作による体重計の変化量には大した影響が無い事が解ります。
空中に上半身を固定するような、確たる支点が存在しない以上、至極当たり前の事であり、結局筋力のほとんどはステップ上の体重を、上向きに移動させるための速度と移動距離に化けてしまったわけです。
GUU子のマシンであるシェルコの重量は約70キロ弱ですが、前輪と後輪に均等に車重が掛かっている場合、この状態のままですと、後輪を1ミリでも持ち上げるためには最低でも約35キロ以上の力が必要となります。
サスを踏み込んで蓄えた程度の力では、私の場合でも約25キロ(約7割)の不足、GUU子の場合だと約30キロ(9割弱)も不足しているわけです。
つまり踏み込み動作によって蓄えられたエネルギーに効果が無いワケではありませんが、それでも地面への重量配分が均等になっているマシンのリヤを浮かすには、最低でもあと25キロから30キロ以上の力が必要であり、まだまだ到底リヤを浮かすにはパワーが不足しているわけです。
ではリヤ振りの際、ステップの踏込み以上に、何が主にマシン後方を持ち上げる事に寄与しているのか?というと、乗り手の移動する運動のチカラとそれによる重心位置の変化、つまりマシンの重量配分の変化という事になります。
当たり前の話ですが、できるだけマシンの前方を重くして、できるだけマシンの後方を軽くするようなポジションを作れれば、当然マシンのリヤは浮かしやすくなります。
早い話、できるだけ前方に体を伸ばして、フロントが重く、リヤが軽い重量バランスにするワケです。
マシンのステップをチカラ一杯踏込んでいるのになかなかリヤが浮かない、と悩んでいる方はその多くが、ステップ上で真上にジャンプするか、前方向への伸び上がりが極端に不足しているように見えます。
いや自分は前を押さえようと意識しているし、またそうしている、とおっしゃる方の場合は、そのほとんどが、ハンドルを強く突っ張る事により、かえって上体が後ろに移動してリア側が重くなっている場合が多くあるようです。
恐らく「ハンドルを押している=体重が前に乗っている」という意識が、全体的な重量バランスが前寄りである、と錯覚させてしまうのではないかと思われます。このような場合、ハンドルを押せば押すほど、カラダが後方に移動して、悪循環に陥ってしまう事もあります。
私もそうなのですが、自分のポジションを客観的に見直すというのはナカナカ難しいものなのですが、もしリヤが浮かないとお悩みでしたら、是非、総体的なポジションを見直してみる事をおすすめしたいと思います。

|

« 永久に | トップページ | ハンドル角度とフロントアップ »

日記」カテゴリの記事

コメント

久々の更新と思ったら長ーーーーーーいので、国語が苦手な嫁号は
また明日チャレンジします。私用に30字以内でお願いします(笑)

投稿: 佐伯嫁号 | 2008年1月 4日 (金) 16時00分

>久々の更新と思ったら長ーーーーーーいので、国語が苦手な嫁号はまた明日チャレンジします。私用に30字以内でお願いします(笑)

デェーーーッツ!、ま、まさか他に見てる人がいるとは思わなんだ...。
ともかく改めまして、明けましておめでとうございます。
イヤイヤ、コレって思いっきり書きなぐりな為、やっぱワケワカンナイっすよね。
大変、失礼をば致しました。
中身は大して、なんてこっちゃないんです。
要は、リヤ振りをする際、ステップを必要以上にガンガン踏んだって、思ったほどの効果はないよって事なんです。
ホラ、リヤ振りの際よく「リヤサスを縮めろ!」なんて指摘する人がいるでしょ?。
リヤをただ浮かすだけなら、ステップなんか踏みこまなくったって出来るんです。
GUU子を含め、リヤが浮かない浮かない、って悩んでる人ほど、ステップの踏み込みが足らない!、リヤサスが縮んでないっ!て勘違いしてる人が結構多いよなぁ~って思ってたんです。
フロントが思いっきり重くて、そんでリヤが思いっきり軽い状態が作れれば、リヤはイヤでも浮いてくるんです。
ステップをどんなにマッチョマンがガシガシ蹴りこんでも、スプリングに貯まるチカラなんざ、たかが知れてるから、ステップを踏むという意識でヤルなら筋力が無駄になりますよ、と。
ステップを蹴りこむ事よりも、前方向に体重が片寄る事ができるようなライポジを作れるように、姿勢を変えられるように頑張んなはれ、と。
でないと、リヤ振りの効率が悪いですよ、って事なんですね。
ウゥ~ん?どっちにしても解り難いかったですかね?。
もっとブッチャケて言うと、ステップ踏むよりも上体を前に飛び出させろ!って事かな?。
ただその為には、ステップを踏み込む必要が出てくるんですけどね。
要は、ステップを踏み込む事を目的化しちゃダメよ!って事でした。
やっぱり解りにくくてゴメンナサイ!チャンチャン!。

投稿: MUU | 2008年1月 4日 (金) 20時01分

『・・・・・・・・・・・』
わかりました。上体を前に飛び出させるように前ブレーキロックオン!ですねって超キケン!あははジョーダン、ジョーダン。私も思いっきり勘違いしていた1人でした。

投稿: 佐伯嫁号 | 2008年1月 5日 (土) 18時00分

MUUさん、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
フロント振り、リア振りは特にNA以上だとトライアル必須科目ですよねー。この振りを私はかなり苦手としております。
昨年選手権で見ていて、前後輪の振りが一番正確に刻んでいたのがイサオさんでした。後輪、前輪と2回振ったあとは必ずバイクが障害物に対して正確な位置に向くのが理想ですが、地味だけどいつも正確に刻んでましたね。主題からそれますが、私はフロントがどうしても滑る位置で、振りができない、あるいは下見の段階で厳しい、となると、ここは足を着くポイントって決めてかかるようにしました。
トライアルはなるべく減点を少なくまとめるかが勝負ですので、無理やり振りにかかってバタバタ足を出すより、最低限の減点で確実に、といったやりかたですね。だから進歩しないのかもしれませんが(笑)。

投稿: ratch_ue | 2008年1月 5日 (土) 21時07分

ratch_ueさん、どうも明けましておめでとうゴザイマス。
こちらこそヨロシクお願い致します。

>フロント振り、リア振りは特にNA以上だとトライアル必須科目ですよねー。

振れなければ振れないなりに、点数をまとめる事は可能なんですが、やっぱし振れないより振れた方が
絶対的に有利ですモンねぇ。是非頑張ってマスターして下さいませ。
そういえばGUU子いわく、ratch_ueさんのリヤ振りはかなり良くなってきてる、って話でしたよ。
ではでは、今年も楽しく頑張りまっしょい!。

投稿: MUU | 2008年1月 6日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500553/17573365

この記事へのトラックバック一覧です: リヤ振りとステップ:

« 永久に | トップページ | ハンドル角度とフロントアップ »