« 気になるニュース | トップページ | スプロケットあれこれ(その8) »

スプロケットあれこれ(その7)

今回は、目標値の決め方についてもう少し詳しくお話してみたいと思います。
私の場合、99モンテッサの1速はほとんど使ってなかったので、いっその事もう要らない、3速は頭打ちしやすいのでもう少し伸ばしたい、という希望から比較的明確に「1速を2速相当にする」という目標値が決められました。
でも、世の中そうキッチリ決められる事ばかりではありませんよね。

例えば、「1速は遅すぎるけど、2速では速すぎる。できれば1速を持ち上げて、その中間くらいに設定したい」なんて希望だってあるハズです。
今回は、そんな時の方法をご紹介します。

もう飽きたとは思いますが、ノーマル99モンテッサの総ギヤ比(一次減速×二次減速×終段減速)は次の通りでした。

(ノーマル状態)
  ・1速時   3.211 × 2.533 ×4.000 ≒ 32.533
  ・2速時   3.211 × 2.133 ×4.000 ≒ 27.396
  ・3速時   3.211 × 1.813 ×4.000 ≒ 23.286
  ・4速時   3.211 × 1.080 ×4.000 ≒ 13.871
  ・5速時   3.211 × 0.643 ×4.000 ≒  8.258

例えばノーマル1速を、1速と2速の丁度真ん中まで持ち上げたい、というのを目標としてみます。
総ギヤ比からは、

・1速で進める距離=1÷32.533≒0.030738
・2速で進める距離=1÷27.396≒0.036501

が分かりますので、その距離的な中間点は、

・1~2速の中間点=0.030738+((0.036501-0.030738)×50%)≒0.0336195

となります。
とすると、この数値となるような総ギヤ比は、

・総ギヤ比=1÷0.0336195≒29.744

である事が分かります。
これで、1速と2速の真ん中まで距離が出る事を目的とした、総ギヤ比が求められたワケです。
次に、1速に入れた時にこの総ギヤ比となるような、終段減速のギヤ比を求めます。

・1速時   3.211 × 2.533 ×?.??? ≒ 29.744
   変形すると、?.???=29.744÷(3.211 × 2.533)≒3.657

となりますから、ドライブとドリブンの各スプロケット組合せの中から、この数値に近いスプロケットを選べば良い事になります。
99モンテッサで選択可能なスプロケットの組合せは次の通りでした。
                             < ドリブン >
                  (37)    (38)    (39)    (40)    (41)    (42)     (43)    (44)
  ドライブ(10)  3.700  3.800  3.900  4.000  4.100  4.200  4.309  4.400
  ドライブ(11)  3.363  3.454  3.545  3.636  3.727  3.818  3.909  4.000

目標値の(3.657)に最も近いのは、終段減速ギヤ比(3.636)ですよね。
というワケで、ノーマル1速を、1速と2速の丁度真ん中まで持ち上げるようなスプロケットの組合せは、ドライブ(11枚),ドリブン(40枚)という事が分かるワケですね。
また例えば、1速の速度を7割ほど上げたいなんて時は、(×50%)を(×70%)にすればいいですし、2割ほど上げたいという時は(×20%)にすればイイワケです。
その辺は、お好みでそれぞれ調整して考えるようにしてみて下さい。

それでは、本日のトコロはこれまで~。
デハデハ~。

|

« 気になるニュース | トップページ | スプロケットあれこれ(その8) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になるニュース | トップページ | スプロケットあれこれ(その8) »