« スプロケットあれこれ(その6) | トップページ | スプロケットあれこれ(その7) »

気になるニュース

テレビ報道では、中国の毒ギョーザで持ちきりのようですが、かなり気になるニュースを一昨日見つけました。

ソースは産経新聞とAFPニュースなのですが、インドネシアでは既にH5N1型の鳥インフルエンザ患者が合計すると126名発生しており、その内死亡者は既に103名にも達している、と報じています。
最近もまた新しい患者が発生し、既に亡くなっているようです。
2007年末頃までの集計では、全世界で感染者数348名、死亡者数216名で、致死率約60%だったようですが、インドネシアでの罹患率は世界中の36%と群を抜いており、中でも恐ろしいのはその致死率で、なんと80%を超えているようです。

先日NHKで連続放映された鳥インフルエンザのパンデミック(感染爆発)シミュレーション検証ドラマや、東南アジアで実際におきた感染事件を追跡検証した番組を見て、その危険性ついてはご存知の方も多いと思います。
番組で検証されたのは、同じくインドネシアのスマトラで、2006年の5月に感染者7名、うち死亡者6名を出した‘H5N1型’の感染事件でした。
番組を見る限り、当時の感染力はまだそれほど強くないようでしたが、それでも(人⇒人感染)の疑いはかなり濃いといった検証結果となっていました。
ただその時、現場では‘H5N1’の治療にあたった病院の看護師が‘Aソ連型’のインフルエンザウィルスにかかっており、結果としてタイプの違うインフルエンザウィルス同士が、非常に近いトコロでニアミスを起こしていたという、実はウィルスにとって突然変異を非常に起こしやすい、言い換えれば大変危険な状態にあったという事実が紹介されていました。
現地で感染の封じ込めにあたった日本の感染病専門医は、自分の目の前でパンデミック直前まできていたその事実に身震いしていたようです。

ヒトヒト感染の力はまだ弱くても、致死率の非常に高い強毒性の‘H5N1型’と、致死率は低く弱毒性ではあるけれど、ヒトヒト感染の能力が非常に高い‘Aソ連型’が同じ環境下に置かれると、致死率が非常に高く、かつヒトヒト感染能力も非常に強い、大変やっかいな‘人型鳥インフルエンザウィルス’が生まれる可能性が相当高いのだそうです。

今回のAFPニュースにあった新しい患者発生の事を見ると、ひょっとして一昨年インドネシアで発生した鳥インフルエンザは、すでに強毒性でかつパンデミック(感染爆発)を起こすような恐ろしい能力を持ってしまったのではないか?なんぞという疑惑さえ持ってしまいます。
現在の‘H5N1型’から、疑似ワクチンのプレパンデミックワクチンが約1000万本つくられているそうですが、病院関係者や政府関係者、治安維持関係者が優先で、一般人への供給は最後の最後のようです。
そもそも、パンデミックを起こしたウィルスがベースではないので真正のワクチンとはいえず、効果についても疑問視されています。
本当のワクチンというのは、パンデミックを起こした該当のウィルスがないと作ることができず、またそれを分離、抽出して製造に着手しても、完成までには約6ヶ月はかかるといいます。
その間、どうやって身を守ればいいんでしょうか?。
私は中国の毒ギョーザ以上に、今はこの見えない脅威の方が気になって仕方がありません。
大手マスコミは相変わらず、芸能人の全くどうでもいい実に下らないスキャンダルと、毒ギョーザ事件ばかりを報道しているようです。
まぁ私達テレビを見る側がそれを要求しているから、と言われればそれまでで、結局は私を含めて自業自得という事なのでしょうか。
大いに反省ですね。

|

« スプロケットあれこれ(その6) | トップページ | スプロケットあれこれ(その7) »

日記」カテゴリの記事

コメント

サンケイ以外は中国に都合の悪い事は報道しませんからねえ。
経済界も中国無視は出来ないので、結局手先みたいになっている。
日経のニュースなんか中国の話題だらけ。
福田、中曽根等は中国の手先だし、小沢、菅etcは韓国マンセー。

あまりにも地球は相対的に小さくなって歯車が速く回りだした。
最後の一瞬は目の前かもね〜?
パンデミックで人類全滅〜! Ω\ζ゜)チーン

投稿: 練習菌 | 2008年2月 7日 (木) 02時58分

おぉっ!ナント久方ぶりのお客様ですネ!お越しやすぅ~、です。
しかも、よりにもよって本職の練習菌さんがこのスレにコメされるとは、穴があったら入りたいですぅ~。
ってか、一体何時にコメ入れてるんすかぁ?、ちゃんと睡眠とって下さいねぇ。
>サンケイ以外は中国に都合の悪い事は報道しませんからねえ。...
テレビや新聞は、ネットニュースの後追い確認程度にしか使えないんですよ、マッタク。
>パンデミックで人類全滅?! Ω\ζ゜)チーン
ナ、なんて事を!、それだけは何卒ご勘弁!。
だって今年は平谷に行きたいと思ってるんですからねぇ~。

投稿: MUU | 2008年2月 7日 (木) 12時04分

平谷までもちますかねえ?
(^_^;)\('_') オイオイ、チョットマテ
下手すると明後日にはパンデミック発現ってことも
ありえますからねえ。
1日有れば地球の裏側までウイルスは飛行機に乗って
たどりついてしまいます〜
普段から菌と親しんで、耐性を鍛えておかないとねえ。
(^_^;)\('_') ォィォィ...ネズミオトコカイ?

投稿: 練習菌 | 2008年2月 9日 (土) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプロケットあれこれ(その6) | トップページ | スプロケットあれこれ(その7) »