« 黄砂が吹いた日 | トップページ | ターンで思い出した事 »

長崎でケニーズ杯

先日、長崎の井樋ノ尾でケニーズ杯があったので久し振りにトライアルしてきました。
現地に到着してバイクを降ろしたトコロ、私のシェルコの様子が何だかオカシイ...。
リヤフェンダーの高さがいつもより低いのです。不審に思ってリヤを押したトコロほとんどストロークしてくれません。

サスが抜けたのか?と思ってリンク回りに目をやると、三角形のデルタリンク(リンクプレート部)からボルトが半分ほど、ナナメになって飛び出しています。
表向きには干渉している部分がないので、なんとかそのままボルトを引き抜こうとしますが、やはりどうしても抜けません。
ひょっとしてボルトが曲がってる?ヒィエェ~ん!最悪かも!。
そこで、ここぞとばかりにケニーズ河村さんに泣きつきます。
さすがケニーズ河村さん、いきなり手際よくリンク回りをバラして行きます。
アリ?...しかしそれでも抜けない!。やっぱり曲がっている?。
二人掛かりで四苦八苦してボルトを抜き取ると、幸いボルトは見た目には曲がっていないようです。
アレ?じゃナンデ抜けなかったの?、と思ってよくよく見ると、ボルトが通っていたデルタリンクの方がイビツに変形しています。
ワチャ~!他のリンク系マシンと違って、シェルコのリンクプレートは2枚のプレートが独立しておらず、シャフトが溶接されて繋がっていますから、単純に叩いて伸ばすワケにもいきません。
現場ですから万力もないし、アァ~ア終わった!、と思っていたら、河村さんが機転をきかせて現場に転がってる金属とドライバーを組み合わせ、デルタリンクを半固定してモンキーで概ね形を戻してしまいました。
しかし今度はボルトが、サスのピロボールに合わせるためのカラーに入らない!。
ピロボールのシールもベロベロになっています。
カラーはカタチがかなり変形し、フチの部分も随分とめくれ上がっています。
今度は私が叩いたり棒ヤスリを使ってメクレやバリを取ったりして、ナントカ差し込める形にまでなりました。
原因も解り、応急処置もできましたので、組み付けは私がやる事にしてケニーズ河村さんは、もう一台別にトラブルを起こしているマシンの修理に向かいます。
組み上げると、やはりリヤフェンダーの高さがさっきとまるで違います。
まぁ動きは多少シブめですが、ちゃんと全部ストロークはしてくれています。
フィ~~、ヤレヤレ、これで何とか走る事ができそうです。
今回もケニーズ河村サマサマで、一体何度お世話になっている事やら、毎度毎度本当に有難うございます。

実を言うと最近、GUU子のシェルコのコイルユニットがオシャカになり、部品が届くまでの間、GUU子が私のシェルコを乗り回してしたのですが、その間にボルトが半脱し、それに気付かずにずっと乗り続けていたようです。
これではサスがまともにストロークしないので、いくらなんでも分かるハズなのですが、どうやらGUU子はかなりの不感症のようですね。

そもそも私はバイクを洗う際、表回りは二の次でして、先ずリンク回りやキャブ、エンジン回りの汚れを丁寧に落とし、ネジの緩みや油モレが気になるので必ずチェックするのですが、今回のトラブル対応でバラした際、リンク回りにはドロや砂がテンコ盛りの状態だったので、まったく確認していなかった事がバレバレでした。
誰かさんのマシンへの気遣いが良くわかる今回の出来事となったようですね~。

さてもう大丈夫!とGUU子や河村さん達には先に行ってもらい、エンジンを掛けて走り出そうとすると、今度はエンジンがモモモモ~...と白煙をあげて止まったまま掛からなくなりました。
取りあえずキャブのガソリンを抜き、プラグを換えるとなんとか回りだし、ようやく競技に参加する事ができました。
しかし走る前からなんともドラマティックな展開に先が思いやられますが、ともかく皆を追いかけて1セクは飛ばし、2セクで合流できました。
やはり予想は的中で、いきなり減点だらけです。
全員が上がっている川からのヒルクライムなのに、一人だけ滑落してのっけから5点となり、皆を喜ばせてしまい、なんとも出入りの激しい展開が明らかに見えてきます。
3セクではほとんどの選手が合流して大混雑となる中、ビギナーすら上がっているインの土手のステアを、私一人だけが大マジで落ちてしまい、全員に大爆笑された上に非難轟々です(泣)。
4セクは混雑を避けるため、飛ばして5セクに向かいます。
変化のあるヒルクライムがポイントで、1トライ目は物凄く怪しげなクリーンをしたものの、次のトライでは何でもない下りのターンであっさりとテープをブチ切り、やっぱり5点です。
6セクはなんでもない浅い上り斜面でワケがわからないうちに横を向き、肩と背中から大転倒したあげく、マシンも前方のドラム缶に突っ込んでハジケ飛び、これ以上ないほど笑える転び方をしたもんだから、周りだけを幸せの大爆笑に巻き込んでしまいました。
ちなみにここでは私、GUU子にコテンパンに完敗しました。
このままではマズイ!いくら乗ってないにしても!いくら何でもダメダメ過ぎるワ!と一念発起、せめて連発するコミックライディングからはなんとか脱出すべく、7セクからは恥も外聞もなく全力で姑息なセコセコラインを探し、必死で辻褄をあわせた結果、なんとか草刈マンさんをかわして優勝しちゃったみたいです。
おかげ様で、ヒザ痛が更に悪化しましたが...。

今回は、GUU子もケニーズ河村さんもI垣嬢もS藤さんも、後半はみんな良く転がってたから、全体的にはやっぱり結構難しかったんじゃないかと思います。
この世のものとは思えない今日の筋肉痛が、全てを物語っているような...。
「草刈マンさん、選手権ではもう少~し手加減してね~」とGUU子がのたまっておりました。

当日は4stベータの試乗もできてナカナカ楽しい一日となりました。
4stベータのサスは最高で、エンジンも静かで良く伸びトルク感もありますが、私には乗り味の重さが少々こたえました。
構造的には負圧キャブを使っている点が目をひきます。
まぁ4stトライアラーという面では、やはりRTLの方にどうしても1日の長があるように感じます。
それでも出たばかりにしては非常によくできていますから、これからの熟成で更に期待がもてると思いました。

さてさて、ケニーズ河村さん、長崎の皆さん、今回は大変お世話になりどうも有難うございました。
またまた、いつかよろしくお願いいたします。
デハデハ~。

・I垣嬢はナカナカ決まってる(でも彼女、実はビビってたのは内緒)
Photo








・空腹で電池切れのケニーズ河村さん、やっぱりこの格好が最高に良く似合う。
Photo_2








・S藤さん、いきまぁ~す!。
Photo_3








・ナゼかお上品な転倒のGUU子(写真撮ってないで助けろ!と言ってました)
Photo_4








・Y川さんは、ダメージを受けて後半ダメダメだったそうです
Photo_5








・ソフトクラス表彰
Photo_6








・ミディアムクラス表彰
Photo_7








・ハードクラス表彰
Photo_8








・4stベータ
Photo_9








・2stベータ
Photo_10

|

« 黄砂が吹いた日 | トップページ | ターンで思い出した事 »

日記」カテゴリの記事

コメント

のっけから大変でしたねえ。
ごっそり髪の毛が抜けたとか、
頭の毛が真っ白になったとか〜?
寿命は半年は縮んだな〜 (-人-)ナームー...

投稿: 練習菌 | 2008年3月 4日 (火) 12時17分

>ごっそり髪の毛が抜けたとか、
えぇ、はい、ごっそりと、ケニーズ河村さんが抜けちゃって、って元から残ってなかったっ毛?

投稿: MUU | 2008年3月 4日 (火) 21時31分

イヤハヤ、結構な大会でした。
MUUさんが最小減点。 それでも44点でしたっけ。
私はプラス12点。 60点台はいなくて70点台にチラホラ。
たった8セクションでこの減点数ですからね。
恨むなら毛ニーズ河村さんを恨んで下さい。 ^^
私は単にカードを置いただけですから・・・・

そうそう、3セクのカードは失敗でしたね。(スンマセン)
あのセクションは上がって下りるパターンでしたが、選手権の時には上に抜ける(道があります)パターンを考えていますから、随分変わると思います。

投稿: 草刈りマン | 2008年3月 5日 (水) 11時24分

>恨むなら毛ニーズ河村さんを恨んで下さい。 ^^
もとより!

>私は単にカードを置いただけですから・・・・
それが一番問題というワケでして...

>選手権の時には上に抜ける(道があります)パターンを考えていますから、随分変わると思います。

いや...そのままでも...私は別に...
楽しむのは、GUU子ですから~
というワケで、GUU子の骨は拾ってやって下さいまし~

投稿: MUU | 2008年3月 5日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄砂が吹いた日 | トップページ | ターンで思い出した事 »