« 懐かしい記憶 | トップページ | 焼失した南大門の供養と昔の韓国 »

不可思議な判決

先日テレビでも報道されていましたが、沖縄戦において「旧日本軍の隊長が集団自決を命じた」と大江健三郎氏が記述した「沖縄ノート」の出版差し止めなどを求めた訴訟で、大阪地裁は大江氏側の主張を認めて、原告らの訴えを棄却したそうです。

私も、沖縄戦で住民の集団自決があった事についてはまったく異論はありませんが、日本軍による命令だとか、強制だとかいった部分については非常に強い違和感があり、今のところそのような事については全く否定的です。

現実に、日本軍による自決命令の証拠といったものは現在のところ存在しませんから、さすがに大阪地裁でも「当時赤松大尉らが沖縄住民に自決命令を出したことは事実である、と断言する事はできない」と、なんだか渋々みたいに述べているようです。
しかしながら、「沖縄ノート」の発行当時は、日本軍の命令があったと評価できる根拠もあったので(どんな根拠か是非とも教えて頂きたいものですが)、大江健三郎氏が「軍命令はあった」との主張に対する反論は棄却する、といった論旨のようです。
これでは、私には恐ろしく矛盾しているようにしか聞こえません。

大江健三郎氏は自著で「日本軍の命令によって島民は集団自決した」と記述し、それは違う!という事で今回の訴えとなったのですから、本来論点は日本軍の梅沢少佐や赤松大尉らが、島民に「集団自決を命じたか否か」という点のハズではないでしょうか?。
しかしその肝心な部分は意味不明のボカした内容で、しかも大江氏側の主張をとりあげる結果となったようです。
裁判所でも「軍命令があったとの断定はできない」と言っておきながらこの決着では、私には到底理解できません。

「軍命令による集団自決」については、座間味村の宮平秀幸氏が、「自決用に弾薬や手榴弾を求めてきた住民達を梅沢少佐がいさめて説得し、解散、避難させた」といった内容の証言をされています。
那覇市の照屋昇雄氏も、「戦傷病者戦没者遺族等援護法が適用されて遺族年金が支給されるように、命令をしたと嘘をついてほしい」との依頼を、赤松大尉が快く引き受けてくれたのだ、との証言をされています。
赤松大尉の「ウソの自決命令」のおかげで、集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったのです。
照屋氏は、「赤松大尉のことを悪く言われると心が張り裂かれる思いだった。もう嘘をつき通すことはできない」と、60年間に渡る苦しかった思いを吐露しています。

そういえば大江氏は、自分では一度も沖縄で集団自決についての取材を行っていないそうです。
自ら裏付けを取る事もなく、身の回りの狭い情報とたくましい想像力、いえ妄想力でこの本を書いたのでしょうか?。
これでは大江氏の勝手な思い込みだけで、冤罪を作っただけにしか思えません。
それにしてもノーベル賞作家とはこの程度のモノなのでしょうか?呆れてしまいます。

ところで少し考えるだけでも気付く事なのですが、この「日本軍の命令による集団自決」ほど不可解なものはないと思います。

1.簡単に死ぬ覚悟などできるハズがない
先ず、自殺志願者でもない限り、死ぬ気の無いものが自決(自殺)するためには、非常に強い覚悟がいります。
自ら死ぬ覚悟で志願し、署名したハズの特攻隊員ですら特攻前夜には精神が不安定になって狂ったようにバカ騒ぎをし、その騒ぎっぷりは信じられないほど遠方まで聞こえたと言います。中には刀で柱を何度も何度も切りつけたモノもいたそうです。
死ぬ覚悟をした生粋の軍人ですらこの有様なのに、一般の民間人が手榴弾をいきなり手渡され、唐突に「自殺しろ」と言われて「ハイそうですか」と死ねるワケがありません。

2.無駄死にはしたくない
もし仮に自分が自決を命令されたとしたら、ただ「死ぬためだけに死ぬ」のは絶対にイヤです。
もしも自分に自決するほどの覚悟が出来たとすれば、下らない自決などするより、その時は刺し違える覚悟で敵に突っ込み、少しでも敵を道連れにして自爆したいと考えるでしょう。
自分だけが無駄死にするような、そんな馬鹿げたマネだけは絶対にしたくありません。

3.死ぬ気のない民間人に自殺を命令する事は不可能
軍人でもなく、死ぬ気もない者にどうやって自殺を命令するのでしょうか?。
銃で脅して?。それなら手榴弾など渡さずに、サッサと撃ち殺した方が無駄もなく手っ取り早いのに。
手榴弾より弾丸一発の方がはるかに安上がりだし、訓練された軍人が撃ち殺してあげた方がはるかに確実に殺せるのですから。
もし私が銃で脅されて自決を強要され、逃げ隠れできずにイヨイヨとなったら、自決を命令した軍人を、受け取った手榴弾で必ず道連れにしてあげるでしょう。
窮鼠猫を咬むといいますが、民間人をギリギリ追い詰めて武器を渡すのは、自決の命令者にとっては非常に危険な事だと思います。

4.無駄弾は使いたくない
当時の日本軍は武器弾薬が非常に窮乏しており、無駄弾を使う余裕など全くありませんでした。
そんな日本軍が、敵兵を退けるためではなく、自国の民間人を自決させるのに命令してまで手榴弾を渡すハズがありません。
私が命令者なら民間人の自決用に渡すより、自分で敵兵めがけて投げ込んだほうがよほど役に立てられますから。
民間人を自決させるために手榴弾を渡すような勿体ないマネは絶対にしません。
どこかのガケから飛び降りて勝手に自決しろ、と命令すればすむ事ですし、自殺のために手榴弾を与えるといった兵器の究極の無駄使いは、命令者の首を絞めますから言語道断です。
仮にどうしても武器を使わせるのなら、手榴弾などゴージャスすぎです。
勿体ないけど銃弾一発くれてやるから、それで自分の頭を撃ち抜けと命令するのが、精一杯の大サービスでしょうか。

5.自決を命令するくらいなら特攻を命令する
もし私が自決を命令する立場なら、手榴弾を渡して「自決しろ」と命令するより、これを持って敵陣に特攻し、そこで自爆しろと命令します。その方がよほど命令者の役に立つではありませんか。

6.命令だけでは全く実効性がない
銃を突き付けられ、その場で脅されでもしない限り、自決せずにその場から逃げ去るのは実にカンタンな事です。
死ぬ気もない相手を銃で脅して自決を強要すれば、今度は命令した側も道連れになる可能性が非常に高いのは、先も言った通りです。

ザッと考えても、軍命令や強制による自決という事については、これほどおかしな部分があるのに、誰もこの程度の疑問さえ持たないという事なのでしょうか?。
他にも色々と合点がいかない事はありますが、手榴弾による自決が納得できるパターンがたった一つだけあります。
それは、敵兵が間近に迫っており、自分自身がその恐怖を強く感じている場合です。
命令され、死ぬ覚悟をもって自決するのではなく、死ぬ覚悟が出来ないからこそ、もしもの時、時と場所を選ばずに、ひと思いに確実に死ねるであろう手段として、手榴弾が欲しいという場合です。
つまり、敵に追い詰められた時の最後の身の処し方として、手榴弾が欲しいという事なら私にも理解できます。

私としては結局、「自決」とは、その名の通り純粋に自分の意志によって決めるものであって、「軍の命令による自決」などと言った摩訶不思議なモノは存在しえない、という結論にしかたどり着かないのです。
軍人でもない民間人が自決するとしたら、それは命令されたり強制されたからではなく、自ら決意したからに他ならないと思います。

早く「軍による集団自決の命令」といった摩訶不思議な話に決着がついて、汚名を着せられた方々の名誉が一日も早く回復する事を願わずにはいられません。

|

« 懐かしい記憶 | トップページ | 焼失した南大門の供養と昔の韓国 »

日記」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通り、物資欠乏の軍が何の得も無い一般市民に
貴重な手榴弾を自殺の為に与えると言うのは不条理ですねえ。
所詮、ねつ造の歴史って事ですかねえ?

大江さんの事は良く知らないんで、何とも判断付かないんですが、
ノーベル賞の文学賞は、事実を語る事は必要条件では無いでしょう。
単に面白かったらいいんとちゃいますか〜?

投稿: 練習菌 | 2008年4月 1日 (火) 02時06分

練習菌さん、いらっしゃっいまし~

>貴重な手榴弾を自殺の為に与えると言うのは不条理ですねえ。
・終戦間際の戦闘機は粗悪な燃料で出力ガタ落ち、補修にも一部分布や紙を使う有様で、国民の入れ歯や鍋釜まで物資として供出させるような貧乏日本軍が、攻撃される心配のない一般住民に、火薬も金属も豪勢に使う手榴弾を大盤振る舞い出来るハズがありません。しかも目の前には敵が迫って銃弾の雨あられ、防空壕は火炎放射器で黒コゲの状況でです。
もし私が軍人なら、敵に投げるか自分の自決用にするしか考えられません。

>所詮、ねつ造の歴史って事ですかねえ?
・軍命令や軍の強制というのは、平和狂信者のねつ造だと確信しています。
教科書記述に対する先日の沖縄での反対集会の時だって、実際は2万人前後の人数なのに11万人と偽り、ナント5倍以上もの水増し発表するような大嘘つきの連中です。これでこいつらの言う事を信用しろ、って言う方が無理ってもんです。

>大江さんの事は良く知らないんで、何とも判断付かないんですが、ノーベル賞の文学賞は、事実を語る事は必要条件では無いでしょう。
>単に面白かったらいいんとちゃいますか〜?

大江健三郎氏は折り紙付きの左翼で、9条の会でも積極的に活動してるような平和ボケ教の信者です。
私も彼のノーベル文学賞作品にケチを付ける気はないんですよ。
ノーベル賞を取るような優れた人間であっても、論理的思考や検証能力はこの程度のモノなのか?といった意味です。
文学作品はフィクションですから脳内ファンタジーで何を書かれても一向に構いませんが、ドキュメンタリーまでそれを持ち込まれては、たまったモノではありません。
大江氏は「推敲」は得意のようですが、「推考」は苦手のようですね。
まぁそのような非論理性が「9条狂」の「9条狂」たる所以ではあるのですけど...。

投稿: MUU | 2008年4月 1日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい記憶 | トップページ | 焼失した南大門の供養と昔の韓国 »