« 長崎でケニーズ杯 | トップページ | ターンで思い出した事(の続き) »

ターンで思い出した事

ご存じの通り、トライアルでは曲る事をターンと言います。
ゆっくり曲がる場合はマシンを立てたターン、速度をつけて曲がる場合はマシンを寝かせたターンが一般的です。

マシンを立ててスピードのある早いターンをするとフロントが外側へ流れ出してしまいますし(ウォッシュアウト)、マシンを寝かせてゆっくりターンすると、中腰のリーンアウト姿勢を長々と続けなければいけないのでかなりシンドイし、しゃがんだ姿勢になるので上下の吸収動作もハイレベルなモノが要求されます。
ターンも状況に応じた使い分けが大事という事なのでしょうね。

フローティングターンはカッコいいし応用範囲も広いです。
実戦ではフローティングターンを使うつもりで使うというよりも、良いラインを取ろうと思ったらフロントを浮かして通す必用がある、という場合が多いようです。
ひねりこんで障害物に向かうような場合も、フローティングターンをする事に「なってしまう」といった感じですか。
私は空中戦は大の苦手なので、フロントを浮かすのは最小限になるようにしていますが、フロントが浮いているほうが、リヤタイヤの加重(接地圧)は絶対に大きくなるので、浮かせて走れる人は浮かしたほうが普通はグリップが向上します。

フローティングターンができるようになると、やっぱりエアターンもやりたくなってきますよね。なんといってもカッコイイですしね。
私も昔TLR200で散々練習して、オイルシールを一体何本オシャカにしたかわかりません。
コツとしては、エアターンを決してフローティングターンと同じようには考えない事です。
途中まではフローティングターンと同じなんですが、飛び上がる前あたりから様子が違ってくるんです。
私は最初、フローティングターンから一気にフロントを引き回すようなイメージでエアターンを練習していましが、なかなかマシンが回ろうとしないし、それではフロントを地面に叩きつけるようにしか着地できませんでした。
でもある時たまたま、フローティングターンをしながらステップの上で伸びあがるようにマシンを足で谷側に向って引き上げながら、フロントよりもリヤの方を振るようにしたらクルン!とマシンが回ったのでビックリした覚えがあります。
つまりエアターン後半は、フローティングターンというよりは、どちらかというとリヤホップに近いような感覚があるんです。
もしエアターンで回らないと苦労されているようでしたら、一度その辺を見直してみると良いかと思います。
前を振るのか後ろを振るのかでは、天と地ほどの違いがあるので、これを勘違いしているとかなり苦労する事になりますのでご用心下さい。

そういえば前を振るか後ろを振るか、の違いで思い出したテクニックの勘違い事がもう一つあります。

これはバイクではなくスキーでのお話です。
昔スキーを始めたばかりで熱中していた頃ですが、いわゆるウェーデルンと呼ばれる小回りターンには、足元やスキーの板が軽やかに左右へと跳ねるように移動する事が必要だと考えていました。
でも四苦八苦して、まぁ困らない程度には滑れるようになった現在では、絶対に足元やスキー板を主体的に左右へ動かしているのではない事がわかります。
ウェーデルンを軽やかに行うためには、スキー板を左右に移動させるのではなく、上半身の体重移動を、板とは逆方向に(次のターン弧の内側へ)素早く移動させる事が最も重要になります。
その結果として、足元のスキー板は体重移動したのとは反対側へと、まるで足払いを食らったかのように勢いよく体の下を走り抜けて行きます。
教則本やスクールではよく、スキー板をしっかりと踏み込んで強くたわませ、エネルギーを蓄えて、その反発を利用してリズミカルに云々...などと書かれたり教わったりします。
私はそれが間違っているとは言いませんが、あまり的を射た表現とも思えません。
スキー板をどれほど強く踏み込んでも、蓄えられるエネルギーなどたかが知れています。到底人間の体重を左右に動かすチカラなどありません。
ただし、人の足を刈りはらうには十分以上のパワーがあります。しかしそのためには、まず上半身の移動が不可欠となります。体重が残っていては、板が反対側へと走り抜ける事は不可能です。
ターンしたいと思った時は、先ずターン弧の内側へと体重移動を開始すれば、イヤでもターンの方向が切り替わります。バイクを傾ければコーナリングしていくのと同じです。

トライアルでもスキーでも、体重をどのように移動させるかで、道具であるマシンやスキー板の動きがまるで違ってくるのは面白いですね。
道具を手先だけでコントロールするのではなく、積極的に上半身の重さ利用し、移動することでコントロールする、そういった面ではトライアルもスキーも結局同じなんだなぁ、そのためには上半身の位置を自由にコントロールできる強い下半身(足腰)が必要なのだと、あらためて感じた次第です。

|

« 長崎でケニーズ杯 | トップページ | ターンで思い出した事(の続き) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎でケニーズ杯 | トップページ | ターンで思い出した事(の続き) »