« チベット事件について思う | トップページ | トコトン腐っている中国 »

たすけて!無防備マン!

「電波な空間」さんのトコロで、久しぶりに無防備マン(のパロディ)を見つけたので紹介しますね。

「社民党」や「9条の会」といったエセ平和主義者のダブルスタンダードぶりが皮肉られていて面白いです。


No_15400jpg_5951_3 































もともと無防備マンは、「戦う事を自ら放棄すれば、敵から殺される事もない!」といった、現実の歴史を全く無視したお花畑的な思考によって提唱された、「無防備都市宣言」をもとに、「エセ平和主義者」の理想のヒーローとして描かれたものです。

このパロディの画風はオリジナルにそっくりですが、 吹きだしの中は「エセ平和主義者」のダブルスタンダードぶりを痛烈に皮肉った内容になっています。

もしオリジナルの脳内お花畑で毒電波浴をしてみたいという奇特な方は、「無防備マン」で検索してみて下さい。

なおその結果、左巻きウィルスに感染して脳内がお花畑になっても、当方は一切関知しませんのでそのつもりで...。
悪しからず。

|

« チベット事件について思う | トップページ | トコトン腐っている中国 »

日記」カテゴリの記事

コメント

信じれんですよねえ、刃向かわなければ、侵略される事が無いという、
ヌケサクの考え方。
はっきり言って、もし日本以外の国でこういう事を言えば、
バカとしか分類されないだろうなあ。
ホールドアップすれば撃たれる事は無いと思い込んでいるマヌケ。
アラブ人でもイタリア人でもメキシカンでも、アフリカ人でも、
世の中そんなに安直だとは思って無いだろう。
なんで、日本人はこんなにお花畑なんだろう?
きっとGHQの仕業だな。

投稿: 練習菌 | 2008年3月18日 (火) 23時35分

>練習菌さん
おっしゃる通りで、日本以外の国でこんなバカげた主張をしようものなら、間違いなくキチガイ扱いされますよ。
非常に例えが悪いので非難は承知で書きますが、もし仮に私が戦争の当事国で、敵対国の一都市が無防備宣言すれば、そこはノーリスクの「ハズ」なので絶対に無防備都市から占領します。
しかもたとえ無防備都市でも、敵国では民間服で降伏するフリをしながら発砲した中国の便衣兵や、ベトナムでニッコリ笑って自爆した少年少女の例もありますから、「疑わしきは撃て!」と必ず命じた上で、です。
無防備宣言しても例えば日本では警察官が銃や警棒などの武器を持ってますから、そこは無防備地域でも何でなく、そういった組織や民兵の反撃も想定しなければいけません。
お花畑連中は、ジュネーブ条約やハーグ陸戦条約を持ち出して「無防備都市は守られる!」と強調しますが「戦勝国」の条約違反について何か罰を受けた例があるでしょうか?。
東京大空襲も長崎や広島の原爆も、無防備な民間人を大量に殺戮しましたが、何の罪にも問われてません。
最近だって、戦勝国のアメリカがイラクの病院を吹っ飛ばしましたけど何か罪に問われたでしょうか?。
ジュネーブ条約では、戦闘員でない民間人は殺しちゃいけないハズですよね。
これって全部条約違反なんですけど...。
そもそも条約違反したところで結局最後に裁くのは戦勝国ですよ。
戦争中の善悪は、戦いが終った後で常に戦勝国が決めてきたし、今後もそれは絶対に変わらないでしょう。
現実に過去の日本もそうでしたが、敗戦国がいくらルール違反だ!と叫んだところでだれも聞いてはくれません。
こんな単純な現実さえ見ようとしないお花畑が、戦争の上っ面しか考えない平和(ボケ)主義者には多すぎます。
まったく疲れますよね。

投稿: MUU | 2008年3月19日 (水) 12時25分

ここの人達って…必死だな…

理由は判るけどな。
騙されない人が増えたもんな。

必死だな…

投稿: とくめー | 2008年3月22日 (土) 00時52分

とくめーさん、はじめまして

>ここの人達って…必死だな…
必死というには程遠いので、そのように言われますとなんだか「恥ずかしい」です。
まだまだ全然大丈夫なので、どうぞご安心下さいませ。

>騙されない人が増えたもんな。
それについては仰る通りです。
・朝鮮人従軍慰安婦たちは本当はただの売春婦で、しかも大金を稼いでいたという真実
・強制連行とう大ウソで様々な利権特権を貪っている在日朝鮮人たち
・八鹿高校事件でも分かるようにヤクザ以上に危険で、奈良県職員事件の通り、「人権」を振りかざして自分の利権ばかりを貪る同和団体の強欲さ
・フランスでは危険なカルト宗教に認定され、布教が禁止されている事をおおっぴらにできない創価学会
・その創価学会とズブズブの関係で政教分離は絶対できそうにない公明党
・アメリカには抗議するクセに、中国、韓国、北朝鮮にはまったく抗議しないダブルスタンダードの「9条の会」「社民党」に代表されるエセ平和団体
etc

真実を知り、騙されない人たちは着実に増えてきてますよね。
とくめーさんも、在日や創価、同和団体や平和団体の大ウソに惑わされないように、しっかりとご注意下さい。

投稿: MUU | 2008年3月22日 (土) 08時12分

…ここの人達は騙されていることに気付いていないみたいだね。
それなのに他人に「騙されるな」って、滑稽で不憫です。
再度ジュネーブ諸条約を検索して学ばれたほうがよさそうですよ。
洗脳から抜け出るには先ず常識を疑うことです。他国が攻めてくるという「常識」を疑ってください。イラクがアメリカに攻撃されたのは、イラクがドル以外の通貨で石油取引をしようとしたからです。大量破壊兵器はもとよりフセイン悪人論も嘘ですからね。
マスコミが真実を報道していないことぐらいは気付いていないと、とても政治に対して声をだせるレベルではありませんよ。

投稿: とくめー | 2008年3月22日 (土) 14時30分

とくめーさん、レスを頂き有難うございます。
「とくめーさん」は一見さんかと思って黙っていようかとも考えていたのですが、やはり最初にご説明しておくべきだったようなので、ここでお話させて頂きます。
これは「とくめーさん」に限らないので、皆さんに最初にお断りしておきたいと思います。
私は、私に対する批判や意見を、左巻きサイトに良く見られるように、頭から拒否して削除や書き込み禁止をするつもりは全くありませんが、だからと言って、自分のブログが無秩序に荒れる事を容認するつもりも毛頭ありません。
ですから、もし今後も書き込みを続けられるのであれば、ある程度のマナーは守って頂きます。

先ずこれは当然過ぎますが、個人情報保護法に抵触するような書き込みや、「根拠」のない批判や中傷は厳禁です。
企業や公人は程度問題ではありますが、根拠のないものは同様に論外です。

それと、「匿名」「通りすがり」「日本人」「平和主義者」「国粋主義者」「左翼人」「右翼派」「天皇万歳」等など、それに類するような所謂「捨てハンドル」は、ここではご遠慮下さい。
なので、次に書き込みされる時は、是非ともオチャメなハンドルネームを考えてから書き込みをお願いいたします。

次に、訪問者の「自己中心的な勝手に上から目線」もご遠慮下さい。
(※管理する都合上、家主の私を除いて、ではありますが(爆))
ブログや掲示板では、同じ意味の事を取り上げても、言葉使い一つで簡単にギスギスした関係になりがちです。
知己の仲で、ある程度相手を腐す事さえ許されるような場合なら別ですが、今回のようにアカの他人を正面から小馬鹿にしたような文体や、具体性のない批判、無用な挑発は、「荒れる」原因となりますので慎重に避けて下さい。
これまでの書き込みについては残しますが、もし今後もこれらのマナーが守れない場合、その時は容赦なく削除いたしますので、それだけは予めご承知おき下さい。
何も難しい事ではないと思います。
全く知らない他人を目の前にして直接対話していると想像すれば、自ずと文体は、相手に対して不愉快にならないモノに、自然に整ってくるはずです。
最初にも書きましたが、内容的なご批判は一向にかまいません。私も勉強中の事ばかりで、知識不足な点はあなたに言われるまでもない事ですので、間違っている点については遠慮なくご指摘下さい。

さて、ところであなたの書き込まれた内容についてですが、どうやら私の書き込みを全く理解されていないようで、お互いの論旨が全然噛み合ってないように思いました。
私は、所謂「平和主義者を標榜する者達」が、ジュネーブ条約やハーグ陸戦条約(協定)を錦の御旗に掲げて、「無防備都市宣言」の有効性を訴えている事を述べました。
ジュネーブ条約やハーグ陸戦条約を拠り所にしているのは私ではなく、所謂「平和主義者」の方なんですね。
つまり、条約の内容を熟知していなければならないのは私ではなく、それを拠り所にしている、所謂「平和主義者」の方だという事です。
私は、所謂彼ら「平和主義者」が後生大事にしているそんな約束事があったとしても、現実には守られなかった戦争や、罰せられなかった事実があるのに、彼らはその現実をどう考えているのか?という事を述べてるに過ぎません。
あなたが「これらの条約を調べてからモノを言え」と仰るのであれば、それは私にではなく所謂「平和主義者」の方だという事になります。

またイラク戦争の件についても反論のつもりで書いておられるようですが、まったく反論になっていません。
私はアメリカが、「所謂平和主義者」の掲げるジュネーブ条約やハーグ陸戦協定で保護されているハズの傷病兵とか、交戦者ではない民間人が保護されている病院や学校を爆撃、壊滅させた事実をもって、そのような約束事が全く無視されている現実から、それらの「条約が全く有効に機能していない事実」を述べました。
ところがそれに対するあなたの反論らしい箇所ですが、「アメリカがイラクを攻撃した理由」について述べたものであり、全くの畑違いなので反論にすらなっていません。
そもそも私も別にアメリカを支持礼賛しているワケではなくて、アメリカが自分の利害追及で、イラクを利用せんがために攻め込んだ事に異論はありませんしね。

最後にマスコミについて書いていらっしゃる部分ですが、大変申し訳ありませんが大爆笑してしまいました。
私がマスコミを信頼していない事は、散々マスコミを批判しているこのブログをご覧の方の多くが、既にご存じだからです。
私がこれまで批判してきた通り、マスコミの言う事を鵜呑みにするのは愚の骨頂です。
ですが、私達庶民が様々な情報を得る手段はマスコミ以外にないのもこれまた事実です。
実態に少しでも近づくために取り得る手段としては、同じ記事について書かれた様々な情報を比較検証する事しかないように思います。
一応私は、読売,産経,朝日,北海道新聞,中国新聞,西日本新聞,共同通信,CNN,ロイター,聯合ニュース,朝鮮日報,中央日報,朝鮮新報,といったところは最低でもヘッドラインは見ていますし、気になる記事は論調も比較しています。
これでも充分とはいえないのが実はマスコミなのですが、さりとて私はCIAやFBIの長官のように独自の調査ネットワークもありませんから、せいぜいマスコミ情報を「キッカケ」として情報収集し、比較推論するしか今のトコロはなさそうです。

「マスコミが真実を報道していないことぐらいは気付いていないと、とても政治に対して声をだせるレベルではありませんよ。」と仰っていますが、本当ならこれは問答無用で私の「削除」条件にヒットしています。
先ず、どの報道に対して真実が明らかになっていなのか?、そして明らかでないと思われるその根拠も、例も、一切提示されておらず、まったく具体性がありません。
そして何よりも不愉快なのは、「この程度も知らなければ意見するべからず!」といった非常に傲慢で、思い上がった言い方にあります。
これは自分の考えが絶対だ!と盲信して、周りの意見に聞く耳を持たない硬直した考え方です。
このような発言は、議論に加わろうと前向きに考えている者を威嚇し、委縮させます。
私はこのようなモノ言いこそ、聞くに値しない、唾棄すべきモノだと常々思っておりますので、このブログでは厳に慎んで下さい。
それと「...他人に「騙されるな」って、滑稽で不憫です。」という部分ですが、これも本来なら「削除」対象です。
上から目線で勝手に人を憐れむ事で、ただ自分が悦に入っているだけの表現であり、このような書き方では無用な摩擦を招いてしまいますので、次からは充分に注意して下さい。

さて、マナーさえ守って頂ければご批判も大いに歓迎いたしますし、良い議論ができればとも考えておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ではでは。

投稿: MUU | 2008年3月24日 (月) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チベット事件について思う | トップページ | トコトン腐っている中国 »