« ターンで思い出した事 | トップページ | 最近の中国事情(後半グロ画像注意) »

ターンで思い出した事(の続き)

トライアルもスキーも、身体の位置変化というか、重心位置の変化がマシンやスキー板の動きに大きく影響しているのは、当然といえば当然のハナシですよね。
今日は冬ももう終わりという事で、シーズンの名残惜しいスキーの話題をメインにお話したいと思います。

実は今シーズンは、一度も滑ってないんです、トホホ(未練タラタラタラ)

スキーのプルークボーゲン(いわゆるハの字姿勢の事です)で真っすぐ下向きに滑りながら、例えば右に曲がりたい場合は、全体の重心位置を、接雪面全体の右側にズラせば自動的に右側へと曲がり始めます。


具体的にどうするかというと、例えば先ず「左足」に力を込め、左足をやや伸ばすような感じにして、右足と左足の中心にあった体を、若干右側へ片寄った状態に変化させていきます。
すると、例えばバイクが右側へ倒れてコーナリングしていくように、スキーもただそれだけで右側へ向って曲がり始めます。1_2














よく、板のエッジを立てて板のサイドカーブ(板側面の緩やかなカーブ)を雪面に食い込ませるようにしろ、と教える方がいらっしゃいます。
まぁ確かに間違いではありませんが、それよりも重心をターン内側へ片寄せることが最も重要だし先決です。
重心を移動させるために足元がズレて逃げないようにする必要から、エッジを立てる事も多少は必要なのですが、決してエッジを立てる事によってスキーが旋回しているワケではありません。
その証拠に、板のエッジをほとんど立てなくても、重心位置さえズラしてしまえば、スキーはほぼフラットな状態でも板をクルクルとターンさせる事は可能なのですから。
その逆に、いくらエッジだけを立てて雪面に板を押し付けたところで、体重をターン方向とは逆に移動してしまうと、板がズレるばかりでさっぱり回ってくれません。
そこを勘違いすると上達がかなり阻害される事になります。
順番としては先ずターン方向に重心を移動し、その移動量と滑走速度によって概ねのターン弧が決まります。
そしてその時のターン弧の大きさとターンのスピードによって、必要となる適正なエッジ角度が決まってくる、という具合です。

ところでスキーにある程度慣れてくると、一緒に滑りに行った連中にナンダカンダと騙されて、斜度の急な斜面に連れていかれたりするようになります。

リフトを降りて急斜面の入口にたどり着き、下からの軽い吹雪にさらされて、下界を見下ろしながら脇の下にジットリと汗をかいていると、「ンじゃ、昼メシは下で!」とか言って周りの連中はスッ飛んでいなくなり、一人ポツネンとたそがれた経験をした人は、きっと私だけではないと思います。

実は急斜面でも緩斜面でも、スキーを回転させる方法は同じなのですが、それでも急斜面ではそれができなくなります。
それは斜度に対する恐怖心にもありますし、緩斜面でのターンが本当に身についていないからでもあります。
緩,急に関わらず、斜面で横向きに停止を続けるには、谷側の板のエッジを立て気味にして足を突っ張るように踏ん張り、上半身を山側に若干傾けるのが一番カンタンだし安心感がありますよね。
しかしこの姿勢は、スキーを山側上方に向けて旋回させようとするフォームでもあるのです。
つまり、進行方向はふもとである谷側方向なのに、安心感を求めたフォームをとると、板は反対方向の山側へとターンする姿勢になってしまうワケです。
これから脱出するために、私も昔は「谷側へ飛び込め!」とか「頭を山側に引くな!」とか「谷に向かって手を伸ばせ」とか「谷側をのぞきこむようにしろ!」とか、表現を色々変えてやかましく指導されたものです。

しかしこれらの表現は、どれも間違っているというワケではありませんが、どれも動きの一部を切り取って表面的に説明しているだけで、ターンの本質をダイレクトに説明しているワケではありません。
なぜならば、そのような指示を全て逆にしても、急斜面でのターンは一応可能だからです。
ターンをするには、先ずターン内側に重心を移動する事が必要でした。
斜面で横向き停止した状態から、斜面の下方向へと向かってターンを開始する場合、そのターン弧の中心は、当然スタート位置で停止しているスキー板よりも、谷側に存在しないといけませんから、その旋回運動の中心となる重心も、谷側へと移動させないとスムーズなターンは出来ないワケです。
その意味では、谷側へと積極的に飛び込む動きは、当然ターン内側へと重心を移動させますし、頭や腰を谷側へ突き出せば、やはり次のターン内側へと重心が移動します。手を谷側へ突き出しても、谷側をのぞきこむように頭を谷に出しても、やはり重心は谷側に移動しようとします。
なのに、最初は不格好なくらい頭と手を突き出しても、それでもスキー板はうまく回ろうとはしてくれません。
それは、一番肝心な部分が居残っているからです。
結論から言うと、加重を伝える「足」に問題があります。
谷側の足で体重を支えている間は、スキーは絶対に谷方向へは旋回してはくれません。
谷足で体重を支えている間は、どんなフォームをとろうとも、重心位置は必ず谷足よりも山側にある事になります。重心位置が板の接雪点よりも山側に片寄っている間は、上体は必ず山側へとバンクしていきますので、そうするとスキー板は必ず山側に旋回しようとします。

3














これが、初心者が努力の割には谷側へと旋回できない最大の理由です。
図のAは、斜面で停止している状態です。
図のBは、重心位置を少しでも谷側へ移動しようと努力はしていますが、肝心の重心位置は、接雪点よりも山側にありますので、スキー板の先端は谷方向へ旋回する事はできません。
図のCは、頭や腰が多少山側へ引けてしまい、一見谷側へのターンは不可能のように見えますが、谷側の足を軽くする(持ち上げる)ことで、実は重心が接雪点よりも谷側に位置するため、図Bよりも谷方向への旋回ははるかにスムーズなものとなります。

この解決方法としては、ことさら谷側へと重心を移動させる意識や努力を「とりあえず」止めます。
先ず斜面に対してスキー板を横にして停止し、その状態で先ずは鉛直方向にまっすぐ安定して立ちます。
昔私が指導されたように、スキーを履いて急斜面で谷側へ飛び出そうとするのは、ハッキリ言って怖いです。
前転の恐怖にさらされます。
前転しながら板の先端が雪面に突き刺さったりした日には一体どんな目にあうか、想像しただけでも回転する赤色灯が目に浮かびます。
だから谷に飛び込む動作はやめて結構です。谷へ向う代わりに、とりあえず重力に対抗して、鉛直線上にまっすぐ立ちます。そして少し山側へ体を傾けてもいいから、谷足を少しだけ持ち上げて板の先端方向(前方向)へ向かって滑り出します。すると、イヤでもスキー板のトップは下方向へ落ちはじめ、スキーは谷側へと旋回を始めます。
谷足を持ち上げるということは、同時に接雪点が重心位置より山側にくるという事です。
すると、よほど片足滑りをマスターした上級者が意図的に操作しない限り、滑りだすと同時にイヤでも体は谷方向へとバンクし始めます。すると、それに連動してスキーは谷側へと旋回を開始します。

スキーのハンドルは、スキーの上で重心を移動する事によって操作します。
左に回りたければ接雪面の上で、重心位置を左側に寄せる。そのためには左足を上げる。もしくは右足を踏み込んで左方向へバンクするよう、上半身を移動すれば良いだけです。
極端な話、スキーでは左右の足を右、左、右、左、とまるで歩くように踏み変えるだけで、方向を変える事が可能です。

2















スキー板上でのスキーヤーの重心位置変化は、スキーでの運動性、敏捷性に直結していると言っていいと思います。

さてさて、トライアルマシンについてはまたの別の機会に~。

|

« ターンで思い出した事 | トップページ | 最近の中国事情(後半グロ画像注意) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターンで思い出した事 | トップページ | 最近の中国事情(後半グロ画像注意) »