« 議員のレベル | トップページ | 長崎でケニーズ杯 »

黄砂が吹いた日

今日は中国から飛来した黄砂で、日本中が埃っぽかったようです。
最近の分析結果によると、中国からの黄砂には砂だけではなく、様々な酸化物などの有害物質が付着しているのだそうです。
毒ギョーザの対応では相変わらず傲慢な態度をとり続ける中国ですが、これだけでは飽き足らず、黄砂まで毒入りにして日本に送りつけてきているようですね。

中国は食品に限らず衣類や玩具、器など、様々な毒入り商品の開発と輸出で随分と有名になりましたが、マタマタ新たな有毒商品を開発して輸出したようです。

1.中国の放射性物質入り金属材料
共同通信によると、イタリアが中国から輸入したステンレス鋼材に、放射性物質コバルト60が含まれていたとして、鋼材約30トンを押収、捜査を開始したそうです。
この鋼材は主に工業製品用で、ナイフやフォークなどの生活用品には使われていないため、一般市民への影響は今のトコロ無いと思われているようです。
しかし中国とはスゴイ国ですね、今度は放射性物質入りの鋼材ですか。
そのうち中国製の鍋やヤカン、サッシや流し台にガイガーカウンターを近づけたら、思いっきり針が振れる日がくるのも時間の問題でしょう。

2.中国のメタミドホス大量流通実績&事故
そういえば毒ギョーザで一躍有名になった、日本では流通すらしていないメタミドホスですが、中国では相変わらず大量に流通しているようですね。
先日のニュースによると、メタミドホス約5トンを載せて湖北省内の高速道路を走行していた中型トラックが、宜城市付近で横転し、メタミドホス約2.5トンが漏れ出して高速道路が通行止めとなり、周囲の住民が避難する大騒ぎが起きています。
これでよく「昨年中国でも禁止した薬物だから入手できたハズが無い!」などと開き直れたモノです。

3.中国の開き直りと恫喝
毒ギョーザの件で呆れた開き直りを見せている中国ですが、今度は開き直りどころか日本に対して脅しをかけてきたようです。
一月下旬に日本産のコメが中国の天津、上海両港に到着しているのですが、理由不明のまま計五十トンの通関手続きが遅れており、港の保税倉庫で保留にされたままになっているそうです。
通常なら三週間程度の通関手続きが、既に一カ月以上経過しており、しかもいまだに通関の目途すら立っておらず、検疫当局に問い合わせしても明確な説明もなく、日本側では毒ギョーザ事件に対する中国政府側の政治的圧力ではないかとの見方がされているようです。
このままでは3月中にも店頭で品切れが起こりかねず、業者は不安を抱えているようです。
それにしても中国とは、なんと悪辣で腹黒い手段を使ってくる国なのでしょうか。
こんな卑劣な国に食糧を頼っている日本には、大変な危機感を持ってしまいます。

4.媚中派福田首相の夢
福田首相はこんな中国を、「毒ギョーザに前向きに取り組んでいる」と、大変評価した発言をしています。
この現状を見て言ってるのだとしたら、はっきり言って彼はどうかしています。
福田首相は確かに親中派を超える「媚中派」として有名ですが、モノには限度というものがあります。
彼は何が何でもこの春には胡錦濤に訪日して欲しいようですが、日本国民の安全や生命を脅かしてまで胡錦濤に訪日してもらう必要などサラサラありません。
彼や彼の内閣の支持率急落ぶりは、彼の目線が日本国民ではなく、中国や胡錦濤にしか向いていない事からきているように思えてなりません。
彼には日本の首相として、もっと毅然とした態度を期待したいと思います。

|

« 議員のレベル | トップページ | 長崎でケニーズ杯 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コバルト60は、おそらく鉄板の厚さを測る為に使っていたのでしょうね。
それがもげて鉄板の中に入ってしまった。
しかし、もげてもそのままということは、鉄板の厚さを元々モニター
してなかったって事?
いかに中国の品質管理がいいかげんか判る事件ですねえ。
 韓国も半導体の安さで世界を席巻していますが、製造装置のメンテナンスは日本人技術者が出張してやっているそうな。
向こうの人間では、ちゃんとした整備が出来ないって事なんでしょうねえ。
日本人技術者を全部引き上げたら、韓国の半導体製造は〜 (^m^)プププ

投稿: 練習菌 | 2008年3月 4日 (火) 11時24分

>練習菌さん
非接触で鉄板の厚さを測る方法って、放射線以外にもなんか色々あったと思いますけど、放射線使った方がお手軽なんでしょうか?。なんせ中国人は、面倒な事やお金掛ける事はトコトン嫌いますからね。
それにしても、仮に誤ってアイソトープ放り込んだとしたって、普通そのまま出荷するかよ?って思ったのは私だけ?。
品質管理(Quality Control)とは、お客様に提供する品物やサービスの質を向上するためのノウハウですもん。
宗主国の中国も、その属国の韓国も、共に自己中では他の追随を許しませんから、そんなの理解できるハズがありません。
>日本人技術者を全部引き上げたら、韓国の半導体製造は〜 (^m^)プププ
そういえば日本企業が次々と韓国から撤退する中、SONYも三星と液晶製造の提携を解消して三星が青くなっているようです。まぁ自業自得ですがね。

投稿: MUU | 2008年3月 4日 (火) 21時26分

圧延の最中の真っ赤な鉄なんかは、非接触で測らないといけないから、
放射線が一番じゃないかなあ?
超音波や光は温度でかく乱されてわやくちゃでしょうねえ。

商売は信用が一番大事なのに、もともと信用が無いから、失う事も
恐れないんでしょうねえ。流石は大陸的考え方だわ。
どっかに逃げてまたやりなおせばいいということなんだろうなあ。
日本は一般人の移動は禁止されていましたから、土地の中で上手くやるには、信用第一という事になるんだろうなあ。

投稿: 練習菌 | 2008年3月 5日 (水) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 議員のレベル | トップページ | 長崎でケニーズ杯 »