« 焼失した南大門の供養と昔の韓国 | トップページ | そこまでやるか? »

毎度おなじみの

朝鮮日報を見ていたら、またまた韓国の気になるニュースを見つけてしまいました。

韓国では毎度おなじみの、売春婦による「売春させろ!」デモ関連のニュースです。

以下に引用します。

*===<引用開始(朝鮮日報)>===========*

Nisi20080331_0006469147_web1_2 
















「営業権保障せよ」 売春街の女性がデモ
「営業権を認めて」「われわれはまだ生きている」
ソウル市城北区下月谷洞のアパート工事現場前で31日午前、赤い野球帽を被り、顔をマスクで覆った女性300人余りが片道2車線の道路を占拠してデモを行った。マスクから垣間見える目は二重まぶたで派手なマスカラを施していた。
デモを行ったのは通称「弥阿里(ミアリ)」と呼ばれる売春街「下月谷洞性売買集結地」で働く女性たちだ。1月に始まったアパートの建設工事で売春街への入り口が閉鎖され、営業が大きな打撃を受けたため、補償対策を求めるデモを決行した。
アパート工事の開始に伴い、売春街に通じる通路2カ所はアパートの敷地内に含まれる形で消えた。また、アパート団地と住宅地には粉じんと騒音を避けるための高さ8メートルのフェンスも設置された。
集会を率いた「性売買集結地自律浄化委員会」の委員長(61)は「これまで客が主に利用していた大通り沿いの入り口が塞がれ、高い塀もできたため、客はわれわれ(の店が)なくなったと勘違いしている」と訴えた。
ただ、彼らの「営業」は違法だ。特に2004年9月の性売買特別法施行で、買春側の男性も処罰されるようになった。しかし、最盛期に300軒あった風俗店は100軒余りに減ったとはいえ、店は依然として「営業中」だ。
デモ参加者のLさん(45)は「顔を知られて良いことなどないわれわれが通りに出てくるのはよほどのことだ」と不満を語った。
以前は月に300万ウォン(約30万2000円)あった収入も今年1-2月は電気代を払うのがやっとだという。6年間働いてきたという
女性(32)は「自慢できる職業ではないが、ここはわれわれが生計を立てている職場だ。目標に向かって走り続けてきた人生がアパート工事のせいで危うくなった」と話した。
同日午後3時まで予定されていた集会は、委員長が「いったん解散」を宣言し、正午すぎに終わった。しかし、アパートの施工業者は、集会参加者の金銭的補償要求を拒む姿勢を守っており、問題解決は容易ではない見通しだ。
現場で警備に当たっていた鍾岩署関係者は「生計が立たないと不満を述べる人を人間的に理解できないわけではないが、売春街は明らかに違法だ」とクギを刺した。
キム・ギョンファ記者

*===<引用開始(朝鮮日報)>===========*

つまり、韓国の売春街の近くでアパート工事が行われた事により、売春業ができなくなって生計が成り立たないので、その生活保障をせよ!と言って、売春婦達が「デモ」を行ったようです。
韓国では約4年ほど前に施行された「性売買防止法」によって、近年ようやく「売春」が違法となりました。
しかし、売春が禁止されたのがいくら最近の事とはいえ、違法行為と知って売春業を続けておきながら、アパート建設で売春できなくなったので生活保障をしろ!などと、白昼堂々デモまで出来る韓国人女性の感覚が、私にはどうにも理解できません。

これぞ、礼節と貞操観念を重んじる「儒教」の国の国民性、といったトコロなのでしょうか?。

韓国では「性売買防止法」が施行されてから、毎年のように売春婦たちが大勢で「売春させろ!」とシュプレヒコールをあげながら白昼デモ行進していましたが、売春できなくなった事で生活保障まで求めたのは、今回が初めてのような気がします。
何しろ韓国ではGDPの約5%を、売春などのセックス産業が支えていますから、それに携わる売春婦たちの数も相当なものでしょうし、いきなり職業変えを強制されても、大勢の売春婦たちの雇用先もそう簡単に準備できるものでもありません。
韓国政府も本気で根こそぎ取り締まると、国の収益自体もガタ減りするワケですから、政府としても正に痛し痒しといったトコロなのでしょうか。

そもそも韓国は、反日に狂って法治国家では掟破りの遡及法まで平気で適用し、大昔に祖先が親日派だったという理由だけで、自国民の財産を今この現代になって突然、その子孫から没収するような非常に低レベルの状態ですから、とても近代法治国家と呼ぶレベルには到達しておらず、「性売買防止法」があろうとなかろうと、それを守ろうと守るまいと、法律そのものが、彼らにとっては有っても無くても、ドッチでも良いのではないかという気もしています。

また韓国の産業構造が変化したワケでもありませんし、近いウチに再びこの手のデモが起こるのは、時間の問題という気がしますね。

|

« 焼失した南大門の供養と昔の韓国 | トップページ | そこまでやるか? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼失した南大門の供養と昔の韓国 | トップページ | そこまでやるか? »