« またまた意図的に隠蔽した朝日新聞 | トップページ | 福田康夫という日本の恥部(怒り心頭!) »

中国人も韓国人同様「ウンコ投げ」がお好き

産経新聞で面白いニュースを見つけました。

以下に引用します。



*===<引用開始(産経新聞:国際)>==============*
仲裁の中国人女子学生がネットで猛攻撃受ける チベット問題(2008.4.18 17:41)

米ノースカロライナ州の大学で、チベットを支持する学生グループと中国政府を支持する学生グループとの衝突を回避するため、仲裁にあたった中国人女子学生が、その後、インターネット上で「売国奴」と糾弾され、言葉の暴力などの深刻な被害を受けていることがわかった。17日付の米紙ニューヨーク・タイムズが1面で伝えた。

同紙によると、女子学生は同州のデューク大学に在学中。サンフランシスコで聖火リレーが行われた今月9日、学内でチベット支持グループの学生と中国政府支持派の学生とが衝突寸前になった際、双方のグループに友人がいたことから仲介にあたった。
チベット支持派の学生に対し、中国政府支持派の学生と対話するのであれば、シャツの背中に「自由チベット」と書くことを認めることで、その場を収めた。

しかし、その翌日には中国人学生向けサイトに女子学生の顔写真や連絡先、中国の実家の住所まで掲載され、顔写真の額には「売国奴」と中国語で書かれていた。「帰国したらおまえの死体は細切れになるだろう」といった脅迫メールも送られてきた。中国の実家にも汚物がまかれ、女子学生の両親は安全のため、別の場所に避難したという。
女子学生は、同紙に「売国奴が中国に害を与えたいと思う人のことをさすなら、私はそうではない」「これからもずっと売国奴といわれるのだろう」と心境を語っている。
【ニューヨーク=長戸雅子】

*===<引用終了>========================*

おやおや、中国にはやはり言論の自由など無いという事ですね。
中国では、ただ単にチベット人との仲を仲裁しようとしただけで、「帰国したらおまえの死体は細切れになるだろう」といった脅迫メールが届き、家はウンコまみれにされ、家族は家を捨てて避難しなけらばならない、という事ですか。

この有り様では、明確に「中国政府は間違ってる!チベット人に自由を!」なんぞと中国内で発言しようものなら、一体どんな目に遭う事やら、想像しただけでもそら恐ろしいです。
そういえば先日テレビで中国人のコメンテーターが、「中国には発言の自由があり、なんでも自由に発言できる!」といった意味の事を、下手な日本語で言っていましたが、なんともとんだ発言の自由、表現の自由があったものです。

そういえば韓国人(朝鮮人)は、自分の思い通りにならない事があると、よく路上や商店やスーパーマーケットの売り場とか、気に入らない相手の家の内外などに、しばしば糞尿を撒き散らす事で大変に有名ですが、ヤレヤレ、属国が属国なら、宗主国様も宗主国様ですね。
いや?「必殺ウンコ投げ(糞尿撒き散らしテクニック)」は、ご主人さまである支那人の方が本家本元アル!という事でしょうか。

まぁいずれにせよ、支那人も朝鮮人も、気に入らない事があると相手に向かって糞尿を撒き散らすような下等な民族だという事が、非常に良く分かった記事でした。

|

« またまた意図的に隠蔽した朝日新聞 | トップページ | 福田康夫という日本の恥部(怒り心頭!) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた意図的に隠蔽した朝日新聞 | トップページ | 福田康夫という日本の恥部(怒り心頭!) »