« 朝鮮人は一体いつまで日本のスネをかじり甘え続けるのか? | トップページ | 人間のカタチをしたケダモノ »

実に笑える

新日本海新聞で、実に笑える記事を見つけましたのでご紹介します。

*===<引用開始:新日本海新聞>============*

ザ・論点
「ろうそくデモ」に見る韓国の先進性

2008/07/01の紙面より
吉岡 利固

先月、わが社と友好・業務提携を結んでいる韓国・江原道の日刊紙「江原日報」を友好訪問し、交流促進の誓いを交わしてきた。
韓国には、かつてグループ企業「グッドヒル」の現地工場があった関係で以前はたびたび訪れていたが、拠点移転があり約二十年ぶりに同国に足を踏み入れた。到着したその夜、ソウル市内中心部のホテルに着くと、外が妙に騒々しい。聞けばソウル市をはじめとして韓国全土で米国産牛肉の輸入再開に端を発した大規模な「全国百万人反政府
集会」が催されているという。
ホテルの部屋から眼下を見るとソウル市中心部の大通りは、文字通りろうそくの灯火で埋め尽くされている。私も新聞記者としての興味に駆られて、表通りに出てデモの波に入って突撃取材した。
するとアジ演説の声は大音響で響いてくるが、ろうそくを持って行進する人々は実に整然としている。黙って歩き、時折拍手するだけ。よく見ると老若男女が入り交じっているだけでなく子供までいる。行進の両サイドを警察官が並んで規制してはいるが、そのわきから出入りは自由で警察側も参加者に対し無用な威嚇(いかく)は一切しない。

「何もしない日本国民」
日本でも問題になった米国産牛肉のBSE問題は、米国の強引な食糧輸出政策が日韓両国に押しつけられ、無理やりに輸入解禁に持ち込まれた。韓国では、それを受け入れた李明博(イミョンバク)政権に対し、五月下旬からじわじわと抗議の輪が広がり、スタートしたばかりの政権の屋台骨を揺るがす事態に発展した。
多くの日本人にとって、韓国の人々のイメージは「荒々しく気が短い」であり、景観も「ハゲ山が多い」と思い込んでいる。しかし、実際に訪れると市民参加型の静かなデモで政府に抗議し追い詰めるやり方は大人の対応で、日本以上に民度の成熟が感じられた。その後、荒れたデモもあったようだが、総じて景観もソウルから江原道に行く途中の緑豊かな山々を見ると、われわれはとんでもない思い違いをしていたことがよく分かった。

かつて学生運動が吹き荒れ一九六〇年には安保反対デモで時の岸政権を追い込んだ日本は、今ではすっかりデモを見かけない国になってしまい、中でも一般市民が参加するデモはすっかり影を潜めてしまった。社保庁が年金問題でどれほどでたらめをしようが、原油が高騰しようが、また韓国と同様に米国によるBSE牛肉買い付けを強要されようが、国民は本気になって怒らずいつも知らん顔。何が起こっても、国民は「どうでもいい」とばかりに、動こうとしない。国会周辺に怒った民衆が詰めかけた話などとんと聞かない。そうしているうちに、日本は政治も経済もどんどん二流国に成り下がっている。

(後略)

(新日本海新聞社 社主)

*===<引用終了>===================*


思いっきり笑ってしまいました。
この記事を書いた主は、余程のキチガイか、それともメクラなのか、もしくは韓国人,朝鮮人からカネでも貰って肩入れしているのか、といったトコロなのでしょう。
まぁとりあえず、今韓国で起きている暴動の現実を、まずは見て頂きたいと思います。

Photo_3 Photo_4 Photo_5
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6


















わざわざ韓国に行きながら、韓国内でさえ報道されているこの現実が目に入らないのか、またはワザと目をそらしているのかはよくわかりませんが、よくもヌケヌケとこのような記事が書け、また恥ずかしげもなく「新聞記者として」などと、ジャーナリストを標榜していられるものです。
暴力的,破壊的な暴動は、韓国で今現在起きているまぎれもない事実であり、暴徒と化したデモ隊の破壊行動は様々な画像や動画でアチコチにあふれているにも関わらずです。
バスは引っくり返すは、放火はするは、警官を殴り倒して瀕死の重症まで負わせるは、糞尿やゴミも好き放題に撒き散らし、あろう事か赤ん坊を乗せた乳母車を盾にして警官隊に突っ込む等々、これらの現実を前にしておきながら、整然と歩いているだけとか、時折拍手するだけとは、現地まで行っておきながら一体ドコを見ていたのか、この記者の目はもうフシ穴としか言いようがありません。
実は私は以前韓国に行った事がありますが、日本海を越え、朝鮮半島の上空に入った途端、木々がまばらで地肌の見える山々が延々と続く、日本の山林とはあまりにも異なるその異様な風景に、唖然とした記憶があります。
韓国内の道路では荒々しい割り込みや激しいクラクション,信号無視など当たり前でしたし、エレベーターなどの出入り口では、ヒジで他人を押しのけながら、我先にと喧嘩するように乗り込む韓国人達の姿に辟易とした記憶がまざまざとよみがえります。
韓国人が荒々しいと思い込んでいるのではなく、それが私の体験した韓国と韓国人の現実であり実像です。
この記事を書かれた記者は、韓国に行きながら韓国の現実を全く直視できておりませんから、ジャーナリストの資質は無いに等しいと思われますので、一刻も早く転職される事をお勧めしたいと思います。

|

« 朝鮮人は一体いつまで日本のスネをかじり甘え続けるのか? | トップページ | 人間のカタチをしたケダモノ »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事書いた人は、鬼畜骸ではなくて、本当に韓国を先進国にしたいと言う、お天道様が西から上がらないとあり得ない、しかし国を思う気持ちのあまり、現実の出来事を目の前にしても幻想を見てしまうのです。
 お気の毒ではありますが、救えません!

投稿: tono | 2008年7月14日 (月) 15時27分

>この記事書いた人は、鬼畜骸ではなくて、本当に韓国を先進国にしたいと言う、お天道様が西から上がらないとあり得ない、しかし国を思う気持ちのあまり、現実の出来事を目の前にしても幻想を見てしまうのです。お気の毒ではありますが、救えません!

・あぁ~もう!それじゃ全部終わっちゃうじゃないですかぁ!。
でもまぁ確かにその通りなんですけどね...。

私思うんですが、民族全体としての韓国人の本来の性質や、韓国の方向性というものを理解できている日本人って、かなり少ないと思うんです。
良くも悪くも日本人って、どんな民族にも「自分達(日本人)の価値観がきっとどこかに存在している」、だから「話せばきっと解り合える」って考えてるフシが多分にありますよね。
これって、特定アジア(韓国,北朝鮮,中国)を知れば知るほど、とんでもなく無理だし,実に無駄な事だと解るんですよ。
特定アジア人とうまく付き合うには、彼らの性質や生態系を把握した上で、どこまで妥協できるか?、どこまで要求していくか?以外に今のところはないんです。
朝鮮人や支那人がヒトとしてもっと成長するまでは、例外的な個別の場合を除けば、解り合うなんて事は先ずほとんど無理。
そのあたりを理解してる日本人って、今のトコロ極めて少ないのが現状のようです。
日本人って、やっぱりどうしようもなく「オメデタイ」んですかねぇ~。

投稿: MUU | 2008年7月14日 (月) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝鮮人は一体いつまで日本のスネをかじり甘え続けるのか? | トップページ | 人間のカタチをしたケダモノ »