« 更にレベルアップした韓国の国技 | トップページ | 実に笑える »

朝鮮人は一体いつまで日本のスネをかじり甘え続けるのか?

東京新聞と言えば、朝日新聞、北海道新聞、西日本新聞などと肩を並べるか、それ以上に偏向的な左翼思想に染まったメディアである事は、ネット上では既に広く知られているところですが、今日は、そんな偏向報道ぶりで有名な東京新聞の記事からです。


*===<引用開始:東京新聞>===========*

朝鮮学校に助成を 支援団体が学習会開く 署名への協力呼びかけ
2008年6月30日

朝鮮学校には行政の助成がほとんどないことから、学校の問題や課題を知り、支援活動につなげる学習会「なぜ、朝鮮学校に『補助金』なのか」が二十九日、立川市内であった。行政に改善を求める要望書の提出に向け、主催側が署名運動の協力を呼びかけたほか、保護者らから「学校への認識を正さない限り、差別は改善されない」といった声が相次いだ。 (末松茂永)

主催したのは「西東京朝鮮第一初中級学校」(同市錦町)を支援する「立川朝鮮学校支援ネットワーク・ウリの会」。ウリの会は朝鮮学校を支援する七団体で組織。今秋をめどに、外国人学校への補助金の支給や増額と、税制優遇措置を国に働き掛けるよう求める要望書を都や多摩地区の各市に提出する。

学習会では、同校の慎基成(シンギソン)校長が学校運営の現状と課題を報告。多摩地区にある同校と町田市の二校が、児童、生徒への助成額が国内で最も低いことを指摘し「東京区部の補助金の年額平均は一人当たり約九万三千円だが、多摩地区は約二万八千円だ。学校運営に必要な三分の一ほどの予算しか確保できないため、教員の給与削減や保護者の協力などでしのいでいる」と厳しい現実を明らかにした。
同校に子ども二人を通わせる在日二世の保護者は、学校を楽しむ子どもの様子を報告しつつ「プールや遊具を作ってあげたいが、できないのが心苦しい」と親心をのぞかせた。
山口県下関市の教育長が「(朝鮮半島の)植民地支配は歴史的事実に反する」と述べたことを取り上げ「わたしは山口の出身。朝鮮人が日本に入ってきた地域でこのような発言は悲しい。こういう上から目線の態度が行政の根本にあるから、補助金問題も解決に至らないのでは」と問題提起した。
「補助金を出すのは当然」とした在日朝鮮人の一人は「わたしは日本の土になる。朝鮮に帰るところはない。
補助金を求める権利がある」と訴えた。

*===<引用終了>================*

私の本音を言えば、補助金の増額どころか現行分さえビタ一文出す必要は無いし、優遇政策も一切不要だと思います。
日本にあるほとんどの朝鮮学校について言えば、日本の小,中,高等学校の基準となる学校法に基ずいた、いわゆる「一条校」としての教育カリキュラムや査察受入れを何ら満たしていないのですから、例えば自動車学校や洋裁学校,予備校やその他の各種特殊学校といった、いわゆる教育関連企業と同等に扱うのが至極当然、というのが私の率直な気持ちです。
特に在日朝鮮人の通う朝鮮学校は、日本国内にありながら現代の悪魔とさえ言える北朝鮮の金日成,正日親子を教室の最上段にうやうやしく掲げ、この悪鬼のごとき親子への崇拝,信仰と、反日侮日教育を積極的に行っていましたから、心情的に言えばそのような反日思想の教育機関を優遇する必要など微塵も無い、と今でも強く思っています。
そもそも反日か否かを別にして、朝鮮学校に限らず在日外国人の民族学校については、基本的に自国の資本によって賄われるのが筋であり、その原資を日本に頼るなど論外です。
それは海外における日本人学校についても例外ではないと考えます。
海外に移住した日本人を見ても、民族教育については移住先の国内法に則って粛々と運営され、日本人自身の資金を主体に賄われているのが現状です。
ですから、在日朝鮮学校がプールや学校施設を充実したいのであれば、居候先の日本政府にタカるのではなく、北朝鮮の悪魔である金正日か、又は在日朝鮮人のドル箱産業であるパチンコ業界あたりにでも資金を無心するのが本筋です。
朝鮮人を守り、朝鮮人を保護するのは、朝鮮人以外に無いのは当然ではないでしょうか?。
それなのに、日本国内における自身の民族教育について日本人のカネをアテにし、日本政府のスネをかじるなどとは勘違いも甚だしいと思います。

とはいえ、韓国や北朝鮮に限らず、日本国内における様々な国々の民族教育や文化,各種の情報等を間近で知る機関が国内に存在する、といった情報源としてのメリットを考えれば、日本政府が幾許かの補助なり優遇政策を取る事には価値があるとは思います(まぁ程度問題ではありますが)。
ですから、ある程度の範囲内であれば、そのような優遇政策も許容できると考えます。
「優遇による撒餌」と言えば言葉が悪いのですが、アンテナショップへの補助とでもいいましょうか、適当な言葉がちょっと見つからずに申し訳ありません。
ともかくも、ある程度の優遇政策は、相手を良く知るためにも若干は必要な投資ではないか、とも思っています。

それにしても、在日朝鮮人,在日韓国人という人種は、一体いつまで「日本による植民地支配」とか「朝鮮人強制連行」などという大嘘八百のデタラメな説を弄し、傲慢で高圧的な態度で日本人にタカる気なのでしょう?。

現在の韓国におけるアメリカ産牛肉輸入に対して暴力的な大規模暴動を起こしながら、片や韓国の一部でアメリカ産牛肉が販売されるやいなや、たった数時間で売り切れになるといった、まことにあさましいダブルスタンダードぶりを露呈している韓国人ですとか、核爆弾と核開発の廃棄をちらつかせ、6ヶ国協議で恫喝外交を行う北朝鮮の様子を見るにつけ、朝鮮民族というものの甚だしい民度の低さや論理性の無さ,高圧的で傲岸不遜な性格は、あらためて実感するところではありますが、これは何も北朝鮮や韓国といった、本国の朝鮮民族だけに限った話ではなく、日本という情報の豊かな環境にありながら、いまだに自分たちの本当の歴史から逃げ回り、ウソをつき暴力に訴えてでもワガママを押し通し、日本に居留しながらも同地に溶け込む事を拒み続け、在日朝鮮人の特権拡大だけに血道を上げる時分勝手な在日朝鮮人達の要求を照らし合わせて見た時、朝鮮民族の血と性格というのは、やはり同じようにしっかりと根付いているものだと、今回もまた再確認する事ができました。

この記事を見て、在日朝鮮人や在日韓国人にしろ、本国の韓国人や北朝鮮人にしろ、自分達の真の歴史とさえ真剣に向き合えないような彼ら朝鮮民族が、「ヒト」として覚醒するには、まだまだかなり長い長い年月が必要なように思いました。

|

« 更にレベルアップした韓国の国技 | トップページ | 実に笑える »

日記」カテゴリの記事

コメント

只の集りです。
厚生労働省・外務省・文部科学省は、強制連行を主張する人達に文書で確認を取り、特別優遇措置として、国費で本国に送り返して上げるのが、人道的支援と言う物でしょう。

投稿: tono | 2008年7月14日 (月) 15時22分

tonoさま、ご無沙汰しております。

>只の集りです。
・まったくその通りですね。
強制連行などという根も葉もないデタラメな大ウソをつき、暴力を振りかざして義務も果たさず権利ばかりを要求する在日朝鮮人,在日韓国人という人種は、ヤクザや同和教育団体、創価学会と全く同じ体質であり、まさに日本のガンや恥部でしかありません。

>厚生労働省・外務省・文部科学省は、強制連行を主張する人達に文書で確認を取り、特別優遇措置として、国費で本国に送り返して上げるのが、人道的支援と言う物でしょう。
・個人的にはこれについても全く異存はありません。
私も心の底から彼らを祖国に送り返してあげたいのはヤマヤマですが、いきなり実現不可能な事もまた事実。
在日朝鮮人に限らず、創価学会,同和教育団体を含め、カタチばかりの「人権」を騙りながら、実は自分の利益と保身に利用しているだけの売国議員がどれほど跋扈しているか、についていかに啓蒙していくかが重要な気がしています。

投稿: MUU | 2008年7月14日 (月) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更にレベルアップした韓国の国技 | トップページ | 実に笑える »