« Uコン飛行機に弄ばれる(その7) | トップページ | 民主党の「山田正彦」というバカ野郎な農水大臣 »

民主党が参議院選挙(2010年)で敗北

先日”第22回参議院選挙”が行われ、結果は皆さんご存じの通り「民主党」の敗北という結果になりました。

私はというと、今回も断腸の思いで、選挙区,比例区とも、泣く泣く「自民党」に投票してきました。

本音を言いますと、このところ毎度毎度「自民党」に投票してはおりますが、正直言って現在の「自民党」のようにフニャフニャして芯が無く、情けない政党なんぞ殴りつけて!叩きつけて!蹴り飛ばして!グッチャグチャにしてやりたい!、というのが率直な気持ちです。

しかしながら、「民主党」という売国政策ばかりを隠れて進める腐った嘘つき集団で、またダブルスタンダードばかりを連発し、見通しが甘過ぎて計画性も無い「素人政策集団」に、なんとか急ブレーキをかける為には、もうこれ以外の選択肢は考えられませんでした。

本来ならば「立ちあがれ日本」に投票したかったのですが、しかし今回ばかりは絶対に無駄弾は撃てなかった、というのが正直な気持ちです。
そして結果としては、まぁまぁのトコロに落ち着いたように思います。

ところで、今回の民主党の敗因についてウチのGUU子とも色んな話をしました。

共通するトコロでは、民主党の敗因についてですが、マスコミが声高に言っているような、菅総理が持ち出した「消費税10%問題」については、確かに民主党敗北への遠因や触媒効果はあっても、直接の原因では無い、という事でした。

何故ならば、自民党は「消費税10%」を真っ先に真正面から打ち出したにも関わらず、プラス13議席と議席数を伸ばしており、民主党は同じ論旨を更にボヤカシて主張しながらも10議席を失うハメになったからです。

消費税アップに関しては、もしも消費税アップが本当に必要ならば、それもまた仕方がない事だろうし異論は無い!という事でウチでは一致しています。

しかしながら、ウチで真っ先に共通した意見は、”国防費”さえ超える5兆円もの”子供手当”をバラ撒くために消費税を上げるくらいなら、その前に、民主党の選挙目当てでしかない子供手当のバラマキ政策を先ずは止めろ!、そして子供手当の財源として消費税を上げる前に、先ずは保育所や幼稚園の設置基準を緩和しろ!という事でした。

やれ階段の角度は何度以下で幅は何メートル以上だとか、照明は云々、幼児一人当たりの床面積は何平米で保育士の担当者数は何名以下にせよ、云々かんぬんと、狭小の都市部において役所がどれほど厳しい制限を課しており、保育所設置に対する規制を行っているか、先ずはそれを現実的な観点から見なおす事が先ではないのか?という事でした。

また、高校授業料を無償化するんなら、高校教育は義務化しないと辻褄合わないだろうが!とか、消費税の増分で子供手当をバラまくよりも、その前に給食費をタダにしてやれよ!とか、体操服を無料支給しろよ!とか、塾に行けない子供のために希望者向けの課外授業でもしてやれよ!とか、親のパチンコ代やディズニーランド旅行に使われるような子供手当という”現金”をバラまく前に、できる事はヤマほどあるだろうが!、というのが正直な気持ちです。

また、消費税を上げるほど財源が不足しているというのなら、高速道路を無料化する!とか、ガソリンの暫定税率を廃止する!などと、どうして平気で言えるのか?という事です。
確かに海外の高速道路は無料のトコロもありますが、私はあまり良い事だとは思っていません。
受益者負担の原則を無視しているからです。
ウチはオートバイトライアルの大会に出るために、九州を起点に文字通り日本中を走りまわってきましたから、確かに日本の高速道路料金は高すぎると常々痛感していますし、現行の半額程度が妥当だとは思っていますが、日本の高速道路のように一般国道とは全く次元の違う道路環境を、”無料”で提供するのはいくらなんでもムチャクチャだ!と強く思います。

事業仕訳においても宇宙関連予算を削減したせいで関連企業(ギャラクシーエクスプレスでしたか?)を早速倒産させるは、スーパーコンピュータ等の先端技術開発の予算削減により海外の注目度を著しく下げるはで、技術立国でしか立つ背のない日本の、唯一の足を思いっきり引っ張っている始末です。
民主党は、先端技術を開発する過程で生まれる数々の派生技術がある事すら理解できないのでしょうか?それすらも根絶やしにしようというのでしょうか?。

しかも民主党は、日本人が大変な就職難にあえいでいるこの最中に、中国人や韓国人を一千万人も移民受け入れするだとか、「外国人参政権」を認めるだとか、中国人,在日朝鮮人の風習に合わせて日本でも「夫婦別姓」を認めるだとか、もう一体お前らはドコの国の政治をやってるんだと...。

まぁ民主党の暴走ぶりをアレコレあげると多すぎて止まりませんのでコノ辺にしますが、つまり彼ら「民主党」の政策や発言は、全ての面において辻褄が合っていないしバランスが悪すぎる!何もかも本末転倒だし、しかも言い訳ににもならない言い訳に終始している!という事でした。

そして、小沢,鳩山という民主党の両オヤブンの政治とカネに対する問題で、民主党の責任者である彼ら自身が証人喚問にも応じないまま、卑怯,卑劣にも逃げ回り続けているからだ!というものでした。

グチを言ってもキリがありませんが、ともあれ、これで民主党の暴走に少しでも歯止めが掛かってくれる事を祈るのみ、といった感じの今回の参院選の結果でした。

|

« Uコン飛行機に弄ばれる(その7) | トップページ | 民主党の「山田正彦」というバカ野郎な農水大臣 »

日記」カテゴリの記事

コメント

(゜-゜)(。_。)ウン(゜-゜)(。_。)ウン
私ももっと過激な政党に入れたかったが、自民に入れました。
小泉竹中以来、予算を切り詰めて国債発行額を減らして来たのに、
そして、もうすぐ政府予算が黒字になるところだったのに、民主に
なったとたん、10年前に逆戻りしました。
いやもう、トーシロー&工作員の集団としか思えない施策で
ようやく一般国民も判って来たのかな〜?と思ったら、
街頭のインタビューでは、まだ民主に期待しているような声が〜
そう言う人は投票に行かなかったのか、テレビ局がインタビューを選別したのか、サクラなのか?

投稿: 練習菌 | 2010年7月16日 (金) 11時56分

菌さん、毎度だす~
(^o^*)/コンチャ!

>いやもう、トーシロー&工作員の集団としか思えない施策で

民主党って”ネクストキャビネット(次の内閣)がシミュレーションしてるから、今スグにでも政策運営できる!だから我々に一度やらせてくれ”とか言ってたのに、政権取った途端に、”まだ政権取って数か月のいわば素人だからもう少し時間をくれ”なんぞと言いだす始末。
民主党の政治素人集団どもは、よくもまぁ恥ずかしくないもんですね。
しかも、”無駄を省けば湯水のようにカネが出てくる!”と言ってたクセに、ナント自分達がブッチギリの赤字国債を発行する始末。お前ら、一体どれだけ見積もりが甘過ぎるんだと。

>ようやく一般国民も判って来たのかな??と思ったら、
>街頭のインタビューでは、まだ民主に期待しているような声が?

激しく同意。
あれって、不思議ですよねぇ~。
ウチではヨメはんともども、なんで民主の主張や政策を、そしてなによりも、これだけ民主党の二枚舌と裏切りを続ける実態を見ていながら、それでも何故これほど期待できるのか不思議でしょうがない!って、いっつも話してます。
民主を支持する人々は、単なる情報弱者とか、マスコミにコントロールされてるって事だけじゃ済ませられないのかもなぁ~、ってね。

投稿: MUU | 2010年7月20日 (火) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Uコン飛行機に弄ばれる(その7) | トップページ | 民主党の「山田正彦」というバカ野郎な農水大臣 »