Uコン

Uコン飛行機に弄ばれる(その13)

かなり長いコト更新サボっちゃいました

久しぶりなんで、政治系や特定アジア系みたいなドヨ~んとしたネタはやめて、軽めに模型ネタでいきたいと思います。

とか言いながら、内容は結構オタク系(重め)だったりするんですが、そこんトコは何卒ご容赦を。

さて、かなり前になりますが、模型飛行機全般に関するネタとしてリンケージ(各舵への操舵接続構造)に関する話題を”寄り道編1,2”として取り上げた事があったのですが、そんな古いスレッドに最近レスを頂いた事もありまして、また少し考えてみる機会がありました。

というワケで、今回はその補足編というか続きといいますか、まぁ内容は全く同じ事なんですけど、チョット角度を変えて見てみようかなぁ~、なんて思って今回は書いてみました。
ですから前スレを理解してる人には絶対に退屈だと思いますから、読まないほうが良いかと思いますので、とりあえずはご案内まで...。

さてさて、では早速ですが先ずは次の図を見て下さい。

(例によってそのままだと字が小さいので、クリックしてポップアップを開いて下さい)

Photo

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その13)"

| | コメント (6)

Uコン飛行機に弄ばれる(その12)

今回も、前回の流れで、Uコン飛行機の燃料タンク全般に関する現象について考えてみました。

よく「Uコン飛行機の燃料タンク内の燃料は、遠心力によって外向きに片寄っている(上からみて)」な~んて言われますけど、じゃあ実際のトコロは一体どのくらい片寄っているんでしょうか?。

というワケで今回のお題はそのようなお話です。

先ずはとりあえず、次の図を見て下さい。
*(毎度おなじみ、字が小さいのでクリックしてポップアップを開いて下さい。)

S

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その12)"

| | コメント (2)

Uコン飛行機に弄ばれる(その11)

今回はユニフロー型タンクについて、というワケじゃなくて、Uコン飛行機の燃料タンク全般に関する内容について少し考えてみたいと思います。

先ず次の図を見て下さい。

*毎度ながらそのままでは字が小さいので、クリックでポップアップを開いて見て下さい

Photo_3

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その11)"

| | コメント (2)

Uコン飛行機に弄ばれる(その10)

今回も尖閣問題や民主党に絡む”政治ネタ”はもうお腹一杯でヘドが出そうなのでヤメにして...(お下品でどうもスミマセン)。

というワケで、マタマタ当り前の事ばかりで大変退屈だとは思いますが、今回も”模型飛行機ネタ(Uコン飛行機ネタ)”でいってみたいと思います。

前回は、Uコン飛行機に特有ともいえる”ユニフロー型タンク”内の”空気抜き管”について少しお話しましたが、今回も引き続き、この”空気抜き管”の件について触れていきたいと思います。

この前は、空気抜き管の末端処理の違いによって、ユニフロー効果が発揮される領域の違いについて説明しましたが、今回は”空気抜き管を太くする”と、”ユニフロー効果はどうなるか?”という事について少し考えてみたいと思います。

かなりのUコン経験者の方であっても、まぁタマ~にですが”ユニフロー型タンクの空気抜き管を太くすればエンジンの吸入負荷が減る!(つまり吸入効率が上がる!)”なぁ~んて事を平然とおっしゃる方がいたりします。

そりゃまぁ、空気抜き管が燃料供給管よりも細い!っていう場合、その細さのレベルによっては問題となる可能性が全く無い事もない、とは言えます。
まぁ、極端に細すぎる場合はウゥ~ん!ってな事もあるワケで、そりゃまぁ極端に細いよりは少し太い程度の方がまだマシかなぁ~という程度に過ぎません
じゃ空気抜き管の方が太けりゃ太いほど何かメリットがあるのか?っていうと、それも全然意味解ってないんだよなぁ~っといったトコロが今回のおハナシです。

結論から先に言いますと、ハッキリ言って先ずほとんどの場合、燃料供給管よりも太い空気抜き管なんぞは全く不要です。

今回は、それらの点から少し考えてみました。

というワケで、先ずは次の図を見て下さい。
あ!そうでした。
毎度の事でどうも申し訳ありませんが、そのままでは文字が小さいので、図はクリックしてポップアップを開いてからご覧下さい。

Photo

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その10)"

| | コメント (3)

Uコン飛行機に弄ばれる(その9)

ホントは、尖閣諸島沖での海保に対する中国漁船体当たり事件のビデオが流出した件について、もうヤマのようにテキストを起こしたんですが、言いたい事が多すぎてどうにも纏まらないので今回は見送りました。

というワケで、今回も思いっきり気分を変えて模型ネタでいってみたいと思います。

今回も、Uコン飛行機特有のチョット変な燃料タンクである”ユニフロー型タンク”の中から、その”空気抜き管”についてのオハナシです。

先ずはこの図をご覧下さい。

あ!マタマタで申し訳ありませんが、イラストの文字はそのままでは小さいですから、クリックでポップアップを開いてからご覧下さい。

Photo

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その9)"

| | コメント (0)

Uコン飛行機に弄ばれる(その8)

だいぶ更新をサボってしまいました。

実はこの間、というか結構ず~~~~~っと長い事、’特定アジア(支那,朝鮮)ネタ’や’民主党ネタ’を書き殴っては放り投げ、を繰り返し、ゴミ箱がヤマのようになってしまいました。
どれも長文で、それなのに書ききれないモノばかりで、結局は毎度”ゴミ箱直行”を繰り返す毎日にすっかり嫌気がさしてしまいました。

そんな折、GUU子のバイクのお勉強の為と、何より自分の備忘録用にと思ってたローカルな’模型ネタ’に最近レスポンスを下さった方がありまして、「ゲッ!模型ネタを見てる人が他にもいるって事?!それってヤバイッてば!」って、思いっきりビビッてしまいました。

何故かと言いますと、長いこと後編をホッタラカシにしたママなので、「このママじゃ誤解や勘違いの’素’を残したままでバラ撒きまくりジャン!」って、かなり焦った事などもありまして、ココは一発気分を切り換えて、今回はまた模型飛行機ネタでいきたいと思います。

さて、前回はUコン飛行機の燃料タンクからエンジンへと向かう燃料供給管の”太さ”についてお話をしていました。
そこで今回からは何度かに分けて、Uコン飛行機に使われる”ユニフロー型燃料タンク”の、もう一方の管である”空気抜き管”の方について少し考えてみたいと思います。

実を言いますと、ここからは”星一徹がちゃぶ台を引っくり返す”ような(スミマセン!意味の解らない方は’ちゃぶ台’を含めて辞書を引くなり、ググるなりお願い申し上げます)といいますか、GUU子を含めて、その他のこれまで既に御覧かも知れない極々少数の皆様から、「これまで言うてた事とちゃうやんケ!ナメとんのかワ~レ~ッ!」などと、”お怒りを頂く事はほぼ必至!の内容”に突入していきたいと思います。

その前に、一応今までの軽い”おさらい”という事で、Uコン飛行機の’ユニフロー型タンク”やその少し変形バージョンと、そのベースとも言える本家!’鶏の水飲み器(チキンホッパー)をいくつか並べてみましたので、先ずはザックリとご覧下さい。

図は例によってそのままでは文字が小さいので、クリックでポップアップを開いてからご覧下さい。

Photo

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その8)"

| | コメント (8)

Uコン飛行機に弄ばれる(寄り道編その3)

民主党と、そこの腐った大臣達の理不尽ぶりに怒ってばかりいては精神衛生上良くありませんから、今日はまたUコン飛行機(模型飛行機)のネタで行ってみたいと思います。

私は、Uコン飛行機用のエンジンをまだいくつか持っているのですが、その中にOS製(小川精機製)のLAシリーズと呼ばれるエンジンで、OS25LA-Sが2台と、OS46LA-Sの1台の合計3台があります。

*こんなヤツ(ホントは三つとも青色だったんですけどね)。

Imgp0428

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(寄り道編その3)"

| | コメント (0)

Uコン飛行機に弄ばれる(その7)

Uコン飛行機の燃料タンクには、どんなに”最低’でも「運転中の空気抜き用」の管と「エンジンへの燃料供給用」の2本の管が必要です。

でもまぁ、これだけでは燃料補給の場合など、運用上はかなり不便ですから、普通は地上での”燃料補給時用”に「給油時用の空気抜き管」を付けますし、また好みによっては「燃料補給専用」の管を付け足したりもします。

そういうワケで、普通「Uコン飛行機」の燃料タンクからは、通常なら概ね3本、もしくはその目的によってプラスアルファの管が追加されて突き出ています。

今日は、このUコン飛行機の燃料タンクから突き出ている”管”について、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

Photo_3

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その7)"

| | コメント (0)

Uコン飛行機に弄ばれる(その6)

さてさて、前回はチョット寄り道して’昔ながらの正統派リンケージ’における間違いと、’本当に正しいリンケージ’の接続ラインについて考えてみましたが、今回はまた本題に戻って’ウチのGUU子でも解るUコン機の燃料タンク編’の続きで行ってみたいと思います。

前回までにUコン飛行機の負圧型燃料タンク(ユニフロータンク)の考え方のベース(基礎知識編)は紹介しましたので、今回はホントのタンク形状に近いカタチで具体的に考えて見たいと思います。

先ずはこの絵(図)からです。
そのままだとチョット文字が小さいので、ポップアップ(クリック)して見て下さい。

Photo_2

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(その6)"

| | コメント (0)

Uコン飛行機に弄ばれる(寄り道編その2)

前回は、Uコン飛行機の「燃料タンク編」からチョット寄り道して、リンケージ(接続工作)の話題を取り上げましたが、今回も「寄り道編」の続きでいってみたいと思います。

さて、前回のサンプルで紹介したヘタッピな「絵」に書いた数値は、ベルクランクとフラップホーンの両方が移動する量を、三角関数と2円の交点を使って勘定した、言ってみれば実際の3次元的なロッド移動(変化)に対して最も近い数値をはじき出したモノでした。

でもズレ具合の傾向を知るだけなら、ベルクランクならベルクランクだけといった、片っぽだけでも解りますのでチョットそっちの方を紹介してみたいと思います。

Photo

続きを読む "Uコン飛行機に弄ばれる(寄り道編その2)"

| | コメント (9)

その他のカテゴリー

日記 | Uコン